記事提供:mamaPRESS

年末年始に近づく秋冬の時期に毎年買うもののひとつ、カレンダー。みなさんは2016年のカレンダー、もう買いましたか?

去年爆売れした、子どもから大人まで大人気の『マクドナルドオリジナル 妖怪ウォッチカレンダー』が今年も11月6日より発売開始されました!

でも、このカレンダーはどうしてそんなに人気なの?ほかとはどこが違うの?その人気の秘訣を探るべく、早速リサーチしてきました!

『妖怪ウォッチカレンダー』ってどんなもの?

子どもたちを中心に大ブームとなっている『妖怪ウォッチ』。このキャラクターを採用したカレンダーが去年初めてマクドナルドで発売され、なんと販売部数198万部の大ヒット!

どうやら、今年はさらにパワーアップしているようです。特典をチェックしてみましょう!

人気妖怪の描き下ろしイラストが満載!

1月は凧揚げや餅つき、10月はハロウィン仮装など、毎月のイベントに合わせた妖怪たちのイラストを楽しむことができます。季節を感じながら、カレンダーをめくる楽しみができますね。

限定『うたメダル』付き!

ドナルドとジバニャンの「モグモグブラザーズ」がオリジナルのうたを歌う、限定うたメダルが付いてくる!マクドナルドでしか手に入らないレアなメダルです!

スケジュールシール付き!

「ともだちとやくそく」「テスト」「おでかけ」などの様々なシチュエーションに対応できるB6サイズのスケジュールシールも付いてきます。使いやすく、予定管理に便利!

「限定のうたメダルでドナルドとジバニャンの歌声が聴けて嬉しい!シールもいっぱいあってどこに使おうか考えるのが楽しみ!」と喜ぶ瞬くん(7歳)。

そのほかにも「USAピョン」や「ピントコーン」など、今年アニメに初登場した妖怪たちも登場!ファンにはたまりませんね。

また、日付部分にも妖怪たちのイラストが入ったり、毎月様々なクイズ問題が付いていたりと楽しめるポイントが盛りだくさんになっています。

「まだ早い」なんてことはない!2歳頃から使えるカレンダー活用術

「学校に通い出すまで子どもはカレンダーを使わない」「まだ小さいから…」そう思っていませんか?実は未就学児がママやパパと一緒にカレンダーを使うメリットはいっぱいあるんですよ!

カレンダーには子どもの「気になる」がいっぱい!ゲーム感覚で数字を覚えられちゃうかも!

数字を自然と覚えられる

子どもは2~3歳頃になると数字に興味を持ち始めます。毎日目に触れる場所にカレンダーがあることで、質問期の子どもたちの「これ、なあに?」の対象となり、「数」の概念を教えてあげられる環境をつくってあげることができます。

曜日感覚や季節感が身につく

2歳前後ではまだ曜日感覚や日付感覚がありません。ママと一緒にカレンダーを使うことで「青色のところ(土曜日)になったらお休みだよ」など、曜日や日付について分かりやすく教えてあげることができますよ。

イベントまでのワクワク感が倍増!

「○印がついている日になったらおでかけするよ!」のように、イベントまでの日数を見える化し、カウントダウンすることでワクワク感UP!イベントをよりスペシャルなものにしてくれるはず。

トイレトレーニングにも使える!

子どもがトイトレ中なら、スケジュールシールを「ご褒美シール」として使うトイトレ用カレンダーにするのがおすすめ!トイレが成功したらシールを選べる、貼れるという楽しみや、シールを集めていく収集感がトイトレを手助けしてくれます。

もちろん、この『マクドナルドオジリナル 妖怪ウォッチカレンダー2016』なら季節のイベントにまつわるイラストを通して季節感を身につけたり、妖怪たちの名前を当てるなどゲーム感覚で学べることもいっぱいありますよ。

小学生になったら自分専用の『マイカレンダー』でモチベーションUP!

6歳前後になると、曜日感覚が身に付き、「8日(ようか)」「20日(はつか)」といった特別な読み方もできるようになり、カレンダーが使いこなせるようになってきます。

学校や習い事、プライベートでの予定が増えるこの時期に自分専用の「マイカレンダー」を持つと良いようです。

「毎週水曜日は野球!」と『ならいごと』シールをペタリ。シールを貼ってカスタマイズしていくのって、楽しいですよね。

予定の管理を自分でやる習慣が身に付く!

習い事やおでかけなどの予定をシールやメモ記入をすることで、子どもが自分で予定行事の準備をしたり、予定を立てたりと、スケジュール管理をすることができるようになります。

持ち物をメモすれば、忘れ物も減るかもしれませんね。

子ども部屋やリビングなど、よく目につく使いやすい場所に壁掛けして使うのがおすすめ!

定期的に続けていることを記録し、振り返りができる!

例えば教材のページ数や縄跳びを飛べた回数など、毎日続けているモノ・コトの目標や結果を記録することで、1年を通して振り返り、子ども自身が成長を実感できます。

目標設定や振り返りは子どもの成長や自信にも大きく役立ち、モチベーションの高い生活ができるようになります。

子ども自身で管理や記録、振り返りをすると、子どもの自立や成長につながるというのは親として嬉しいですよね。

このカレンダーは1ヶ月ごとに見開きになっていたり、書き込みスペースが大きいので使い勝手がいいのも特長のようです。

実際使ってみて、どうだった?

去年からマクドナルドの『妖怪ウォッチカレンダー』を使っているママさんに感想を聞いてみました。

三ツ本瞬くん(7歳)・碧ちゃん(3歳)

「妖怪ウォッチ好きの7歳の息子のために去年購入しました。キャッチボールができた回数やお風呂に潜れた長さなどを毎日子ども自身でカレンダーに書き込んでいます。この1年でカレンダーを使う習慣ができました。

また、手帳などと違い目が届くところにカレンダーを壁掛けしてあるので、夜パパに会えなくても朝の話題にするなどコミュニケーションツールのひとつになっています。

書き込みやすく子どもがとても気に入って使っていたので買ってよかったと思っていました。今年のカレンダーはシールもメダルも付いているということなので、必ず買うつもりです!」

ひとえに「カレンダー」といっても、子どもの年齢や用途に合わせて、使い方はたくさんあるようですね!使いやすいカレンダーとオリジナルの特典が、人気の秘訣のようです。

プレミアムライブが当たるプレゼントキャンペーン実施中!

全国のマクドナルドで対象商品を買って応募すると、妖怪ウォッチプレミアムライブやマックカードが抽選で当たるプレゼント企画をやっているそうです!

プレミアムライブでは主題歌を歌っているキング・クリームソーダやDream5、人気妖怪たちが登場します。

<対象商品>

マクドナルドオリジナル 妖怪ウォッチカレンダー2016、もしくはハッピーセット「妖怪ウォッチ」(※12月11日(金)より期間限定発売)

<期間>

2015年11月6日(金)〜2016年1月7日(木)
※WEB抽選カードがなくなり次第終了
※応募締切:2016年1月10日(日)

<応募方法>

マクドナルドオリジナル 妖怪ウォッチカレンダー2016、もしくはハッピーセット「妖怪ウォッチ」をお買い上げ1点ごとに1枚のシリアルナンバー付きWEB抽選カードを配布します。

WEB抽選カードに記載のURLから特設サイトにアクセス、マイページ登録をし、シリアル番号を入力して応募完了!抽選で賞品が当たります。

『マクドナルドオリジナル 妖怪ウォッチカレンダー2016』はマクドナルドメニューとセットで購入できるそうです。カレンダーにスケジュールシール、限定メダルが付いて+450円(税込)なんてお手頃にもほどがある!ってくらいのコスパの良さ。

家族用として、子ども用として、ぜひこの大人気カレンダーの人気の秘訣を手に取って体験してみてくださいね!

※限定うたメダルは、別売りのDX妖怪ウォッチUプロトタイプ、または、妖怪メダルでうたう!しゃべる!ジバニャンワンマンショーで歌を聴くことができるほか、コレクションとしてお楽しみいただけます。

※「DX妖怪ウォッチ」「DX妖怪ウォッチ フミちゃんVer.」「DX妖怪ウォッチ タイプ零式」「妖怪Pad」には対応しておりません。

公式サイト/マクドナルド(スマートフォンの方)(パソコンの方

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス