歯列矯正が終わって、ワイヤーを外した後のケアをどうしていますか。

Licensed by gettyimages ®

何年もつけていた矯正装置を外す時って、本当に感動しましたよね。その時の美しい歯並びをずっと維持できるように、使用するものが「リテーナー」です。矯正装置を外した後の歯は、元の歯並びに戻ろうとするそうです。その「後戻り」を防ぐのが「リテーナー」です。今日はリテーナーのお手入れについて、ご紹介します。

特に抜歯を伴う、歯を動かす量が多かった方はワイヤーをつけている期間が長期間になりやすいそうです。長期間であればあるほど、ワイヤーが外せた時の感動は大きいですよね。

リテーナーをつける期間は個人差がありますが、一般的に2年ぐらいが目安の期間です。

リテーナーのお手入れの注意点は。

Licensed by gettyimages ®

リテーナーは、人により使用する種類が異なりますが、一般的にはこのような見た目をしています。その人に合わせてひとつずつ作られています。思った以上にデリケートな素材ですので、取り扱いにはいくつかの注意が必要です。

必ずケースに入れておきましょう。

Licensed by gettyimages ®

リテーナーの針金は強い力で持ってしまうと曲がってしまうことも…。また、紛失の原因にもなりかねませんので、このようなケースに必ず入れておくと良いでしょう。間違って捨てられないように、カラフルなケースに入れておくと良いかもしれません。

リテーナー専用の洗浄液で、リテーナーを洗いましょう。

Licensed by gettyimages ®

週に1・2回は、リテーナーを洗浄液を使用して綺麗にしましょう。歯が綺麗でもリテーナーが汚れているとむし歯や歯周病の原因になってしまいます。また、入れ歯洗浄剤とは成分が異なりますので、リテーナー用の洗浄液を使用しましょうね。

リテーナーの洗浄と除菌、脱臭のために専用の洗浄剤を使用してください。ただし、この液にリテーナーを浸け過ぎると、ワイヤーとワイヤーを金属を溶かして連結している「ロー着部分」の金属が溶けだして、ワイヤーがはずれてしまう場合があります。この洗浄剤は30分以内を目安にご使用下さい。

出典 http://www.kyousei-shika.net

長時間のつけ置きは出来ませんので時間を守って使用をしましょう。

リテーナーも、歯ブラシで磨きましょう。

Licensed by gettyimages ®

研磨剤のついた歯磨き粉を使用すると、リテーナーを痛める原因になりますので、歯磨き粉をつけずに、歯ブラシで丁寧に磨くと良いでしょう。

お手入れ時は流水ですすぎ歯ブラシで清掃しましょう。臭いや汚れが気になる場合は装置は取り外し式になっています。飲食(おやつ等も含む)時には取り外してください。、洗浄剤を使ってください。熱に弱い素材でできています。熱湯消毒はしないようにお願いします。

出典 http://www.tominaga-kyousei.com

飲み物を飲む時にはつけたままでも構いませんが、食事の際はリテーナーを外しましょう。リテーナーは非常にデリケートな素材で出来ていますので、取り扱いには注意しましょうね。

リテーナーを、毎日しっかり使いましょう。

Licensed by gettyimages ®

特に矯正装置を外してすぐの頃にリテーナーを使用しなくなると、歯並びが「あと戻り」をしてしまい、リテーナーが入らなくなることも…。

矯正装置(マルチブラケット装置)をはずして約1年間の間は、移動した歯が安定しておらず、治療前の歯の位置にもどろうとする「あと戻り」がおこりやすい状態になっています。このため、この期間中は歯をみがく時を除いて、食事中も装着しておかなくてはなりません。もし、装着するのを忘れると、その間に歯が移動してリテーナーを入れようとしても、入らなくなったり、大変痛かったりします。しっかりと装着してください。

出典 http://www.kyousei-shika.net

せっかくの綺麗な歯並びを維持するためにも、しっかりとリテーナーを装着しましょうね。

私も最初は話しづらかったのですが、遅くても2週間程度で違和感がほぼ無くなってくるかと思います。

矯正装置を外した後も、綺麗な歯並びを維持するために、歯の定期クリーニングやリテーナーの使用を続けましょう。

何かあれば、すぐにリテーナーをメンテナンスしましょう。

Licensed by gettyimages ®

リテーナーは針金の部分を強くもってしまうだけでも曲がってしまうことがあるそうです。形が合わなくなってしまったらリテーナーとしての機能を果たせなくなりかねません。少しでも合わないと思ったら、すぐに歯医者さんに相談をしましょう。

自力でリテーナーを治すのは、やめておいた方が良いでしょう。

いつでもどこでも、リテーナーをお忘れなく。

綺麗な歯並びを、ずっと維持するために。

Licensed by gettyimages ®

長い期間、矯正装置を入れて「やっと装置が外れた!」と思うと、その後のリテーナーが少し面倒に感じるかもしれません。ですが、せっかく綺麗にした歯並びをずっと維持するために、リテーナーを大事に使用して、お手入れしたいものですね。リテーナーの使用方法や時間を守って、正しく使用してみてください。美しい歯並びは、全身の健康に繋がっています。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス