出典 https://instagram.com

記事提供:Techinsight

元サッカー界の貴公子デヴィッド・ベッカム(40)が、7大陸を訪問しサッカーのチャリティ試合に出ることを決意。早速パプアニューギニアを訪れたベッカムは、バナナの葉を用いせっせとボール作りに励んだ。

デヴィッド・ベッカムがUNICEF(ユニセフ)とタッグを組み、熱心にチャリティ活動に励むようになりすでに10年。そのベッカムが7大陸に渡航し、7回のチャリティマッチ開催を決定。

パプアニューギニアでは早速サッカーボール作りに励み、その様子をインスタグラムで公開、こう記している。

「試合を前にボール作り。こんな経験は初めてだと思う。このボールはバナナの葉っぱで作ったんだ。帽子は部族の人に貰ったよ」

また2枚目の画像では、“デヴィッド・ベッカム”と泥で手書きしたバスの前でニッコリ。「パプアニューギニアでの初戦に向かうところなんだ。7大陸で7試合をこなすよ」と書き添えた。

ベッカムは世界で最も恵まれない地域を訪問し、サッカーを通じて人々と交流する予定。これを大変喜んだベッカムは、「この壮大な旅により、僕の愛するゲーム(サッカー)のポジティブな面を示せると思います」などと語っていた。

この旅の様子は、『BBC』によりドキュメンタリーとして放映される予定だという。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス