記事提供:まだ東京で消耗してるの?

こんなツイートを見かけました。アフィリエイター界隈は、面白いツイッタラーがたくさん。

家から出ずに、1日10万円以上稼ぐ

これはぼくも身に覚えがあって、ブログで月商15万円くらいに到達したとき、「やべぇ!これすげぇ!時給1,500円でサラリーマンやるより全然いい!」と思ったんですよね。

「面接」も「上司」も「あいさつ」も「出社」も「電話」も「名刺」もいらない、「自分だけで完結する仕事」って、ある種のカルチャーショックを与えてくれるのです。

そんな駆け出しの時代の思い出はもうだいぶ昔の話。今では「日商」で15万円を稼ぐ日も、割と普通にあります。サラリーマン時代のぼくに見せてやりたいですね。もっと早く会社を辞めればよかったなぁ…。

1日に6桁(10万円以上)を稼ぐようになると、仕事の価値観が変わるんですよ。少なくとも「時給」で働こうとは思わなくなります

これすごく大切なことで、「時給」というのは「妄想」なんですよ。そもそも、ぼくらが出せる仕事上のアウトプットは、本質的には労働量とは関係がないのです。時給というのは、話をわかりやすくするための「仕組み」にすぎないわけです。

サラリーマンのみなさまにはわかりにくいと思うので実例を。たとえばぼくは、15分で書いた記事で、10万円を稼ぐことがあります。時給にしたら40万円。すげぇ。

でも、話はそんなに簡単ではなく、そういう生産性の高い記事を何時間も続けて量産できるわけでもないのです。かめはめ波みたいなものですね。ドカーン!と出したら、しばらく打てません。

一方で、ぼくは金にならない記事も大量に書いてます。この記事も特に収益にはならないですかね…。15分掛けて書いて、せいぜい200〜300円でしょうか。時給にするとアルバイトとそう変わりません。

もう少し違う例では、スティーブ・ジョブズが「iPhoneを思いついた瞬間」というのは、時給に換算したらヤバイですよね。時給500兆円くらい?笑

クリエイティブな仕事においては、時給は幻想なのです。そんな概念は捨てた方がいい。時給という考え方を捨てた方が、最終的な収益は増大します。

でもまぁ、これがなかなか難しいんですよねぇ。つい、時給的な発想で仕事をしちゃうんです。ぼくは未だに戦っている気がします。

そろそろ時給を捨てましょう。イケハヤ事務所は、もう時給で採用するのはやめました。うちの事務所の報酬方針は別にまとめてあるので、こちらをご参照。

おまけのリンク集

せめて収益性を上げるために、転職サイトリンク集も貼っておきます。えぇ、これでちょっとは稼ぐ記事になったかな。働き方に悩んでいる方は、いろいろ見てみてください。新しいワークスタイルを取り入れた企業が集まる「パラフト」とか面白いですよ。

・おなじみ大手サイトの「リクナビネクスト
エンジニアを搾取しない派遣会社リツアン
週2日で正社員並みの給料がもらえる仕事紹介サイト「PROsheet
新しい働き方ができる企業が集まった転職サイト「パラフト
第二新卒向け転職サイト「UTWO
・20代の既卒・フリーター向け転職サイト「ジェイック
フリーター、第二新卒向け転職サイト「ハタラクティブ
高年収・ハイクラス人材向けの「ビズリーチ
エンジニアの独立を支援する「ギークスジョブ
・フェイスブックベースのヘッドハンティングサイトSwitch.
移住希望者におすすめ。関西・福岡の求人がまとまっている「ワークポート

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス