記事提供:まだ東京で消耗してるの?

自分だけでどうこうするのは難しいのです。

イケハヤ相談小屋:まだ東京で消耗してるの?

「高エネルギー生命体」に近づこう

「会社勤め」が向いていないことに気づき、イケダさんのように自立して生きていきたいと思っている者です。

しかし、食っていけるほどの技能や仕事にしたいほど好きなことがなく、一体何をすればよいのかまさに五里霧中といった感じなのですが、このような場合、一体何をしるべにすればヒリヒリした人生の一歩を踏み出せますでしょうか?

出典 http://www.ikedahayato.com

勝屋久さんという面白いおじさんがいます。彼が「高エネルギー生命体」という面白い表現を使っているんで、これはヒントになる気がします。

勝屋さんによると、生命エネルギーが高いと、オーラがきらきら輝き、人を魅了するようになるのだという。

多くのサラリーマンは、本当にやりたいことをしていないので輝いていない。なので人を魅了しないし、人とつながりにくい状態なのだという。まずは「オモロい社会人になることが大事なんです」と勝屋さんは言う。

出典 http://techwave.jp

なんかいませんか?すごいエネルギーに溢れて、精力的に活動している人。ぼくの周辺だと、ベンチャー起業、NPO、地域おこしなんて分野で、意味不明のエネルギーをもっている人に出会います。

たとえばソマリランドで大学院作った税所さん。彼のエネルギーは本当に意味不明で、会うたびに衝撃を受けます。今どこにいるんだろう…?

やりたいことがわからない人は、圧倒的な行動力と人間的魅力を備えた、いわば「高エネルギー生命体」に触れると、いろいろ自分の悪い部分が払拭されていくはずです。

モチベーションは自然と高まり、「私も何かやってみようかな」と、自然と思わされます。この「自然と」というのがすごいんですよねぇ。彼らの姿に触れるだけで、エネルギーが湧いてくるんです。

具体的には、週末や平日朝・夜の時間を使って、NPOの手伝いをするのをおすすめします。NPOに勤めている方々は、だいたいエネルギーが高いです。

おすすめはベンチャー気質が強く残っている、「歴史の浅い(創立10年以内程度)」のNPOですね。

ぼく自身もうだつのあがらないサラリーマンやっていた時代に、「PLAS」というNPOに出会ってボランティアをして、エネルギーが湧き出てきました。「これはやばい!世の中にはこんな人たちがいるのか!」という新鮮な驚きをよく覚えています。

熱源に近づかないと、自分が「着火」されないんです。燃え盛る人たちの近くにいれば、自然と自分も、燃えてきますよ。

質問はこちらから→イケダハヤト|ask.fm

過去の相談はこちらから→イケハヤ相談小屋

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス