毎週金曜日放映の人気ドラマ「コウノドリ」第4話では、切迫流産を防ぐことはできなかったのか?と新生児科の新井先生が下屋先生に問い詰めていました。

切迫流産はベテランの医師や助産婦でも予測は難しい、と結論付けられました。
しかし、切迫早産を経験している私としては、下屋先生にはもう一言二言、妊婦さんに気をつけたい事などを伝えてあげてほしかったな、という気がします。

下屋先生、良い先生だと思うんだけどね。ゴメンね。

妊婦さんに伝えてほしかったことを、みなさんにお伝えします。

①お腹が張って来たら、横になる

お腹が張って来たと思ったら、動きすぎていないか振り返ってみましょう。

「いつもお昼前になったらお腹が張ってくる」という妊婦さんに、朝起きてからの生活状況を聞いてみると、掃除、洗濯、昼ごはんの支度、アイロンがけ、買い物をすべて午前中に片付けてしまおうと、結構バタバタと動いておられました。

そこで、買い物やアイロンがけなどは夕方や夕食後にしたら?とアドバイスしたところ、お腹の張りはすっかり消えました。

動き続けるのではなく、こまめに休憩を取ることが大切です。
昼食後は、お昼休みということで、ゆっくりと休憩しましょう。

「お腹が張ってるな」と思ったら、無理せず横になってください。
横になるのが難しければ、立つよりは座ることです。できれば背もたれにゆっくりと背中をつけて座るほうがベターです。

②横になっても張りが治まらない時は要注意

通常のお腹の張りであれば、横になれば治まります。

横になってもお腹の張りが治まらない時、どんどん酷くなっていくときは、主治医や助産婦さんに連絡しましょう。
切迫流産や切迫早産になっている可能性があります。

③活動する前からお腹が張っている

動いた後は、多少お腹が張るのは当たり前ですが、動く前からお腹が張っている、朝起きた時からお腹が張っている、といった場合も主治医や助産婦さんに連絡しましょう。

妊婦さんの「何かいつもと違う感じがする」「いつものお腹の張り方とは違う」と言った感覚は、正解の場合が多いです。

通常の妊娠中のお腹の張りは、活動量に比例します。
活動量に比例しないお腹の張りは、やはりおかしいと考えるのが妥当でしょう。

④空振りもOKです

切迫早産や切迫流産ではと思って予約外で受診したけど、なんともなかった。なんだかバツが悪くて・・・・と思う必要はありませんよ。

医者でも看護師でも助産婦でもないのですから。素人できちんと判断できないから医師の診察を受けるのです。
素人が「うん!これくらいは大丈夫!」と判断できたのでは、医者は必要なくなってしまうじゃないですか。

おかしいのではないか?切迫早産では?切迫早産では?と心配なときは、遠慮しないで主治医や担当の助産婦さんに連絡してください。

決して私がど厚かましいおばちゃんだから言っているのではありませんよ(笑)。
対処が遅いよりも早めに相談する方が、ずっとベターだと思いませんか?

どうぞ、無事に出産の日を迎えてください。

この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス