記事提供:バズプラスニュース

これから話すことはサイエンスフィクションではない。リアルなサイエンスだ。NASAが、物理学の法則を破る、良い意味で「とんでもない発明」をしてしまった。

・エンジン『EMドライブ』を開発

推進剤や燃料エンジンでは実現できなかった、ハイスピードで宇宙空間を航行することができるエンジン『EMドライブ』を開発し、その実験に成功したのである。

・動力は太陽エネルギーがメイン

この『EMドライブ』が実際に使用されれば、地球から月まで4時間、火星まで10週間で到達することが可能。動力は太陽エネルギーがメイン。そこから発生させたマイクロ波を完全に密封したタンクの内部で反射させ、推進力として利用する。

・コストも重量もダウン

これにより、宇宙船に搭載する燃料が劇的に減らせるだけでなく、コストも重量もダウンさせ、宇宙開発がしやすくなる利点もある。なによりも革命的なのは、そのハイスピードが実現へと導く「深宇宙への探索」だ。

・隣の太陽系までたったの100年で到達

『EMドライブ』の宇宙船ならば、地球から4.39光年離れたケンタウルス座アルファ星まで行くとして、たったの100年で到達できる。宇宙船内で2~3世代の交代をするだけで到達可能なのだ。

長期睡眠の技術が発展すれば、1世代で他の太陽系に移住することも可能なのである。

ちなみに、従来の燃料エンジンの場合、ケンタウルス座アルファ星まで数万年かかる(到着前に経年劣化で朽ちると思うが)。

・真空で実験を行って成功している

NASAは実験に成功したものの、一部の物理学者や有識者から懐疑的な声も出ている。物理学の法則を破らないと実現不可能だというのだ。特に運動量保存の法則が無視されているという。

これに対してNASAは「真空で実験を行って成功している」とコメントしている。

出典 YouTube

出典:STAR TREK

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス