米誌フォーブスで11月4日に、「世界で最も影響力のある人物」のランキングが発表されました。コントロールする資金の大きさ、影響を及ぼす人数の多さ、どれほど活発に行動を行っているか等の指標で選ばれています。

5位 習近平 中華人民共和国国家主席

出典 http://hageblog.com

昨年3位からのランクダウンながら、AIIB(アジアインフラ投資銀行)設立を初め、海外投資への積極的な展開を評価されてのランクイン。10月にキャメロン首相(英)、オバマ大統領(米)とのトップ会談をし、11月にはベトナムとシンガポールの首相と会談と積極的な外交活動に注目

4位 フランシスコ法王 ローマカトリック教会

出典 http://afpbb.ismcdn.jp

昨年も4位。12億人に魂に影響を与える。キューバ訪問でのカストロ前議長と会談や、中南米制服の歴史を懺悔し、セクシャルマイノリティへの理解を示したり、と既存の枠を超えた活動で世界的人気を博す。

3位 バラク・オバマ 米国大統領

出典 http://news-de-smile.com

昨年2位。経済、文化、外交、テクノロジー、軍事どれをとっても世界最大の影響力を持っているが、任期の最後の年であり、かつ国内支持率は50%と、その影響力は減少傾向。

2位 アンゲラ・メルケル ドイツ首相

出典 http://www.epochtimes.jp

昨年5位から躍進、世界で最も影響力のある女性。ギリシャ危機を救い、ウクライナ危機ではプーチンに直談判をしに行った。ナチスの反省から難民を受け入れるなど、その決断力を評価された。

1位 ウラジーミル・プーチン ロシア大統領

出典 http://m.ruvr.ru

3年連続1位。クリミア併合に、ウクライナへの軍事介入。自国の利益を優先する経済政策で国内支持率はなんと89%。米国やNATOが弱い地域であるシリアへの影響力は大きく、アサド政権と手を結び、ISISを空爆にて数カ月で減退させた。

ちなみに、安倍首相は・・・

出典 https://www.jimin.jp

昨年63位からの大躍進で41位。世界第3位の経済大国として、アベノミクスの効果を評価された。なお、政権を維持しており、その影響力も評価された。

1~5位は報道でも露出の高い人物でした。日本はロシアと中国と領土問題があり、また、アメリカと中国は南沙諸島での睨み合いも始まり、それぞれ利権を主張する響力の大きな国に挟まれたわが国の挙動がこれからも注目されます。戦略的な外交、政治を期待したいですね。

ちなみに、ランキング73人の中には、トヨタ自動車の豊田章男社長が28位で日本人最高位。50位に日銀総裁の黒田東彦氏、51位にソフトバンクの孫正義社長がランキング。やはり、国のトップか大会社の社長クラスが影響力が大きいですね。

知っている人物が何人いるでしょうか?参照先はこちら↓

この記事を書いたユーザー

ジュンセイ このユーザーの他の記事を見る

某メーカーのアラフォー研究開発者
科学、イノベーション、医療・健康、ビジネス、社会問題など中心に
「アハ!」的発見の記事を目指します。
アメブロ:http://ameblo.jp/junseiyamato/

得意ジャンル
  • 社会問題
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Amebaみんなの編集局に登録してSpotlightで記事を書こう!