記事提供:カラパイア

食われとるやないけ!っと思わず突っ込みをいれてしまうほどの脱力っぷりを見せているのは、北海道新千歳空港内のクラフトスタジオで売られている木彫りのクマ。自然界の弱肉強食をがっつり覆している。

まったくほんとにどうしてこうなった!

このクラフトスタジオは新千歳空港のターミナルビルにあるお店だそうで、北の大地に生息する、カラパイアの料理人、クマ姉さんが「他人とは思えない!」として撮影してきたものだ。

店内には伝統工芸的に木彫りのクマが陳列されていたという。

猛々しいクマにほっこりしていたクマ姉さん。

職人技が映える木彫りのクマ。

っとそこで突如あらわれたのだ。こいつが。

この苦悩の表情があまりにも痛々しすぎて、他人とは思えなかったそうだ。

「パルモさん、いりますか?送りますよ?」と言われたが、まるであたしがクマ姉さんを襲っているようにしかみえないので、丁寧にお断りしておいた。

「ならこちらはどうでしょう?」と、次に送られてきた写真は、確かにサケに襲われているわけではないが、夕張メロンと合体しキメラ化したメロン熊だった…。

つか、突き抜けとるやないけ!

ちなみにこれ貯金箱らしい。

ということで新千歳空港に御用のあるおともだちは、いろんな意味でクマの生態を垣間見ることができるクラフトスタジオに行けばいいと思うんだ。

●ワンポイント雑学:サケとしゃけ、どう違うの?

この記事を書くにあたって魚の鮭はサケと書くべきか?しゃけと書くべきか?みんなから突っ込みを入れられる前に調べてみた。基本的に鮭はサケと読むのが正解なのだが、しゃけと呼ぶ場合もあるよね。

しゃけとサケの関係については諸説あるが、その中でも方言説が有力となっている。その方言説も様々あるので、一概にこれとは言い切れない。

・江戸時代、江戸の人はさ・し・す・せ・そ・をうまく発音できないことから、「サケ」ではなく「しゃけ」となまって発音した。

・鮭の語源であるアイヌ語「シャケンベ(夏食)」からきていて、 アイヌ語には「サ」と「シャ」の発音の区別がなかったため、 後にそれを聞いた和人が両方使った。

・日本海側では「さ」の発音を「しゃ」と発音した。

などだ。また、こんな話もある。

・生きている鮭は「サケ」。捕獲されて加工されたものが「しゃけ」。
・捕獲されても調理前は「サケ」。包丁を入れて味のついたものが「しゃけ」。
・鮭の中でも「白鮭」の別名が「しゃけ」。

出典 http://zatugakuouji.seesaa.net

北関東在住のパルモ一家は誰も「しゃけ」とは言わないのだが、みんなはどっちを使う?

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス