先日、お伝えした松岡修造カルタ。修造さんの日めくりカレンダー「まいにち、修造」の中の名言プラスオリジナル名言で、お正月を過ごそうというものです。でも、毎日あまりにポジティブ過ぎて、修造疲れが出てしまう人もいるとかいないとか・

そんな人にオススメの日めくりが発売されました。この日めくり、なんと発売からたった5日で2万部を突破するというヒット。「ヒロシです」でおなじみの自虐芸人・ヒロシからのネガティブな言葉が集められています

「消えそうな芸人ランキングからも来ました。ヒロシです」の表紙をめくると、そこにはもう、ネガティブ全開の毎日が。

『まいにち、ネガティブ。』は「前向きじゃなくても生きていける」というコンセプトでつぶやかれる31の「ネガティブワード」の日めくり。このネガティブな一言一言に「なぜか癒される」「ちょっとホッとする」という声が続出しているのです。

ネガティブなつぶやきに添えられた言葉は、なんだか強い説得力を感じるものばかり。思わず「あぁ、そうそう。そうだよね。それでいいんだよね」と言いたくなってしまいます。

格差が広がっているといいますが、ずっと底辺にいる自分には、何も変化がありません。無理に周囲と自分を比較しなければ、どん底にも安住の地はあるとです。変に焦ったり、悲観したりしないようにして、それなりに楽しく生きましょう。

出典【ヒロシの日めくり】まいにち、ネガティブ。──前向きじゃなくても生きていける

何事にも役割というものがあるんです。どちらがいい、悪いではなく、明るい芸風の人の担う役割もあれば、僕みたいな芸人がやらせてもらう意味もある。

ポジティブもネガティブも、そのくらいの違いでしかないんですよ。圧倒的にポジティブ=いいこと、ネガティブ=悪いこと、とされているには違和感を覚えます。

ネガティブだって100%悪いことではない。ポジティブになれない自分を否定して追いつめられてしまうくらいなら、無理なんてしなくていい。頑張らなくていい。

出典 http://wol.nikkeibp.co.jp

熱くポジティブに生きるのもいいけれど、もう毎日十分に頑張り過ぎている人達には、そのポジティブパワーがちょっと重たく感じる時もありますよね。そんな時には、ネガティブな一言がむしろ肩の力を抜かせてくれて、かえって元気になれたりします。

ポジティブすぎる流れについていけないというアナタ、ヒロシのネガティブひめくりでネガティブに心地よく生きてみてはいかがでしょう?

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス