最近人気の『ちぎりパン』!可愛くておいしいパンが簡単に作れたらな~と思い、ブームに乗って型付きの本を買ってみました。ちょっぴり簡略化したレシピで作ってみたら初心者でもうまくいったのでご紹介します。ホームベーカリー不要!オーブンさえあれば作れます!

材料はシンプル

出典撮影:蜜

強力粉…200g
ドライイースト…3g(小分けパックが便利です)
砂糖…15g
塩…3g
牛乳…110gくらい(ほんのり温めておく)
バター…15g
板チョコレート(顔用)…ホワイト、ブラック適量ずつ。チョコペンでも可。

手順1:バターとチョコ以外の材料を手で混ぜる

出典撮影:蜜

塩を最初にボウルに入れて、その他の材料を入れ、手で混ぜます。

手順2:バターを入れてこねる

出典撮影:蜜

バター投下!かたまりのまま入れたので手でちゃんと潰して混ぜ込みます。こねこね。
※固すぎるようなら、気持ち牛乳を少量足しても良いと思います。

手順3:一次発酵させる(ほうっておく)

出典撮影:蜜

室温の温かいところにラップをかけて放置します。(画像はラップをかける前です。ラップをかけ忘れると表面が乾燥するので注意!)
寒かったので、ちょっとだけ余熱で中をあたためたオーブンレンジに入れました。オーブンは作動はさせません。1時間くらい放置。

出典撮影:蜜

発酵すると、このように2倍ちょっとくらいに膨らみます。

手順4:8等分して寝かせる

出典撮影:蜜

生地を8等分して、こねて丸めます。けっこう弾力があります。この時あらかじめ8つ分の耳の量を取り分けておくとあとで楽です。
濡れふきんをかけて10分程度休ませます。ちょうどよいふきんがなかったので濡らしたキッチンペーパーで代用。
この時、オーブンを180度くらいで余熱を始めます。

手順5:型に入れる

出典撮影:蜜

丸めて型に並べます。耳は取れないようにポンと乗せるだけでなく、気持ちちゃんとくっつけましょう。
170度で10分→150度で10分焼きます。

手順6:焼き上がりました

出典撮影:蜜

焼けました!このままちょっとさましてからチョコで顔を描いていきます。熱いうちに描くとチョコが溶けるためです。

手順7:顔をつける

出典撮影:蜜

白と茶色のチョコペンでもいいのですが、苦手なので板チョコを湯せんしてつまようじで描きました。必要な量の目安は1〜2かけ。白はつまようじの頭側、茶色は先端で描いてます。
※ミルクチョコを使うと色が薄いので、ブラックチョコがオススメです。

手順8:完成!

出典撮影:蜜

できました!このままちぎって食べられます。一晩おいて冷えたやつはレンジで30秒程度温めてから食べました。

出典撮影:蜜

可愛いです。もちろん顔無しのプレーンなパンでも大丈夫ですし、色んなアレンジがあるので試してみると楽しそうです!ちょっとズッシリした食べ応えだったので、もっとふわふわにする秘訣も探っていきたいです(簡略化しないのが正しいやり方だとは思いますが…)。

ホームベーカリーや温度計がなくてもパンは焼ける!初心者なりに楽しむことができました。ぜひ挑戦してみてくださいね!

追記:ラップで包んで冷凍保存もできます!レンジで1分で熱々になるので朝便利!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス