今話題の北欧風コーディネートですが、クリスマスは北欧風のインテリアでリラックスパーティはいかが?
 洗練されたアイテムを取り入れて、ちょっとワンランク上のお部屋に恋人や友達を招待してみませんか。
北欧を代表する家具や照明は数多くありますが、なかでも雑誌やテレビなどでよく見るあのアイテムをご紹介します。

反射する光が美しい!ルイスポールセン社の【PH5】

 ポールヘニングセンというデザイナーの作品でルイスポールセン社の【PH5】というライトです。近年50周年を記念して【PH50】というシリーズも出ました。
 ランプのようなレトロな素材感が印象的です。
 この照明は中心に電球の光が直接目に入らず、明かりはシェードに反射する設計になっています。光が重なり夜に見ると間接照明のようで、それは美しい!

おすすめはダイニングテーブルでの使用!

 電球色の明かりはすこしオレンジ色を帯びていて、料理を色鮮やかにおいしそうに見せることができます。
位置はテーブル面から60㎝の高さに吊るのがポイント! 
 最初はすこし低いように感じますが、椅子に座ったときに顔が柔らかい光で照らされ美しく表情豊かに見えるのです。この高さから当たる光の角度が、人を美しく魅せると言われています。

カジュアルな北欧スタイルで明るい部屋に【レクリント】

 一見、カジュアルでモダンな北欧照明。北欧ブームで最近登場したのかと思いきや、なんど1971年にポールクリスチャンセンによってデザインされたロングセラーデザインなのです。
 素材はプラスティックペーパーで、それを特殊な方法で折り込むという技法で作られています。乳白色の本体から漏れる光はゆるやかな曲線の中に陰影を生み出し、温かく室内を照らします。
 表情豊かでリズミカルな印象なので、明るいスタイルにまとめたい人、子供っぽくないカジュアルさを求めている人におすすめです。

木が光を温かくする、【ヤコブセンランプ】

出典 http://www.garageland.jp

 木の素材感が特徴的な、ヤコブセン(ヤコブソン)のデザインした照明です。木目を透けて広がるあたたかい光は、目に優しくリラックスできる空間を生みます。
 

木のやさしさはとにかく温かい
 木の素材というのは手触りがよく、インテリアとしてテーブルや椅子に使われていたり、観葉植物などで室内にダイレクトに自然を取り入れることもあります。
 照明も、木目を通過した光はさらに温かみを増し、室内を照らします。
豊富なラインナップで多様な空間を
 ヤコブセンのライトは、このデザインをベースにさまざまなラインナップがあります。
部屋のメイン照明として吊るす、シェードランプはもちろん、直径17㎝ほどの小さいペンダントライト、床に立てて照らすスタンドタイプ、小さな照明が複数ついたシャンデリアタイプなど、豊富な種類からお選びいただけます。
 小さなペンダントライトをカウンターの上部に、カフェやバーのように並べて複数吊ってみたり、部屋の角にスタンドを立てて、メイン照明を消し、ホテルのようなムーディな雰囲気を演出してもよいでしょう。
 木質の素材なので、カジュアルなイメージからシックな雰囲気まで相性が良く、もしナチュラルなインテリアがお好きなら、この冬に挑戦してはいかがでしょう。

番外編 お金をかけなくても印象を変える【キャンドル】

「雰囲気を変えたいけど、あまりお金をかけずに小さなことからできないかな。」
「照明を変えたけど、テーブルの上もおしゃれにしたい!」
そんなときに良い雰囲気作りを手伝ってくれるのが、キャンドルの使い方。

3つでひとつという飾り方【提案の1例】
 キャンドルを買ったけど、ぽつぽつ灯しても明るくないし、なんだか寂しい・・・と感じてしまう方にご提案です。3つ、をひとかたまりとしてキャンドルを飾ってみてはいかがでしょう。
 高さの違うキャンドルをひとかたまりにして、テーブルの中心に置いたり、同じ大きさのキャンドルを飾り棚に並べて置いてみたり。光が集まることによって華やかさが感じられます。
 テーブルなど、さまざまな角度から見るような位置に置く場合、高さの変化をつけてあげればその空間は見る角度によって表情を変えます。光の量や卓上の照らされ方も変わるので、その変化を楽しむのもいいでしょう。

キャンドルスタンドにこだわってみる
 キャンドルをより華やかに、美しく演出してくれるアイテムにキャンドルスタンドがあります。テーブル上にキャンドルなどで高さのあるものを置くと、テーブルコーディネートのアクセントにもなり、一味違った雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

※キャンドルを使用する場合は十分火の取り扱いに気を付けてください。
 
 今年は光を味方につけて、素敵なクリスマスを過ごしてみてはいかがでしょう。

この記事を書いたユーザー

いとうゆき このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • インテリア
  • 社会問題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス