これから活躍するブーツ。

Licensed by gettyimages ®

秋冬になると、店頭には可愛いブーツが並びますので、女性にとってはとても魅力的な季節となりますね。ブーツを履いている部分は冬でも寒くありませんので、足をガードしてくれますし、雪国ではブーツがないと、靴の中に雪が入ってしまうという問題もありますので、ブーツが必要不可欠となるのです。

しかし、ブーツは臭いの原因ともなるのです・・

Licensed by gettyimages ®

お洒落を楽しむアイテムのブーツですが、蒸れやすくて足の臭いがこもってしまうのです。

冬に外食をした際に小上がりの席に座ることを嫌がる女性も多いのは、足の臭いが原因となっているのです。

冬の悪臭を防ぐ方法とは?

・足を綺麗に洗う
・同じブーツを連続して履かない
・ブーツの中敷きを変える
・ミョウバン水スプレーを使用する

悪臭を防ぐ方法は、臭いがブーツの中でこもらない方法が挙げられるのですが、その中でもミョウバン水スプレーは、簡単に作ることが出来ますので、ご紹介します!

ミョウバン水スプレーの作り方

出典 http://asigakusai.com

【材料】
①焼きミョウバン50g(薬局・ドラッグストア・スーパーで購入可)
②1.5リットルの水道水
③2リットルのペットボトル

*材料となる焼ミョウバンは、スーパーの漬物用品コーナーや、ドラッグストアなどで購入することができます♪

【作りかた】
①まず、計量カップに50gの焼きミョウバンを入れて、500mlの水道水を入れて溶かします。

②それをペットボトルの中に、入れます。

③さらに計量カップに500mlの水道水を入れて、それを2回、ペットボトルの中に入れます。

④合計で1.5リットルの水道水に焼きミョウバンを50g入れたことになります。

⑤ミョウバンが溶けるまで風通しが良い所や暗冷所で2~3日、振り混ぜながら保管します。

⑥透明になったら出来上がり(透明にならないと濃度に誤差が生じるので注意)

⑦これが原液になります。

画像のミョウバン水原液の色は白ですが、やがて無色透明になります。

出典 http://asigakusai.com

これで原液の完成です。あくまでも原液なので、薄めて使用します!

出典 http://asigakusai.com

たっぷりの原液ができましたね。
ここから更に薄めて使用しますので、体中に拭きかけてもいいくらい、大量に作ることができました。こちらは冷蔵庫で約1か月保存することが出来るのですが、1か月使う分には多すぎるという人は、分量を減らしてみるといいでしょう。

足に使う場合は、原液を約20倍に薄めますので、原液5mlに対して水95mlを混ぜ合わせるということになるのです。

ミョウバン水が完成したら、スプレー容器に入れましょう。

Licensed by gettyimages ®

100円ショップでも売っているスプレー容器にミョウバン水を入れて、いつでも拭きかけられるようにしておくといいですね。

【使用方法】
お風呂上りなど、足を洗って綺麗にした後に上記の方法で希釈したミョウバン水をスプレーします。

そのまま乾くまで待つかタオルなどで軽く拭き取ります。

朝、お出かけの際にも同じようにスプレーします。

出典 http://asigakusai.com

これだけで足の臭いを防ぐ効果が実感できると言われているミョウバンスプレー。低予算でも作ることが出来ますので、お金の無い学生さんの消臭対策にも適しているのではないでしょうか。

ワキガにも効果的だと言われていますので、体臭が気になる部分に拭きかけることをおすすめします。他にも様々な場面で使用できるのです♪

洗濯に使用すると生乾きの臭いも防ぎます!

合成洗剤はリンスを入れるタイミングで、石けんの場合はよく濯いでから、50ccから100ccいれてください。汗をかいても衣類が臭くなりません。靴下の悪臭も消えます。

出典 http://www.barjp.com

浴槽のカビ取りにも効果的!

カビの発生は石鹸カス等の栄養分・湯気や水気などの湿気・20~30度の温度の3つの条件がそろった場合に発生します。タイル目地にカビが発生した場合は、「みょうばん水」の薄め液をつけて歯ブラシでこすります。

出典 http://www.barjp.com

まな板や包丁の臭いも消してくれます!

魚やたまねぎ、にんにくを切った後の嫌な匂いは洗剤できれいにまな板や包丁を洗った後、ペーパータオルに「みょうばん水」をつけて拭くとにおいがなくなります。「みょうばん水」は人体に無害なので安心です。

出典 http://www.barjp.com

このように、ミョウバン水はわたしたちの生活の様々な場面で効果が期待できて、人体には無害という嬉しいアイテムとなります。カビ取り剤や部屋干し用洗剤など、それぞれを購入すると費用もかかりますが、すべてミョウバン水で済ませることが出来るのなら、一石二鳥、いや三鳥と言えるのではないでしょうか♪

毎年この時期には憂鬱になってしまうという女性も、今年は簡単に作ることが出来るミョウバン水で、快適な冬を過ごしましょう♪

こちらの記事もおすすめです♪

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス