転職をする時、どのようにお仕事を探していますか。

Licensed by gettyimages ®

今は求人情報を手に入れる場所が増えています。いつもと違った切り口で仕事を探したい。もっと自分にあった仕事を探したいと言った方はぜひ、こちらをご覧くださいませ。

その1:広く知られているハローワーク。

Licensed by gettyimages ®

日本で会社勤めをしていた方が失業保険を給付する場合、皆さん公共職業安定所に行きます。ハローワークでのお仕事探しは、最も多くの方が知っていることでしょう。インターネット環境が無い方でも、ハローワークのPCでお仕事を探せます。

ただし、ハローワークは求人掲載が無料のため、よくも悪くも様々な企業の求人掲載があります。ご応募の際は慎重に求人情報を見てからにしましょう。

その2:パートやアルバイトにおすすめ、フリーペーパー。

Licensed by gettyimages ®

こちらは地元、もしくは地元に近い場所で働きたいパート・アルバイト希望の方におすすめです。主に、主婦の方が探しやすい媒体でしょう。レジやコンビニ等の接客業等、比較的簡単に始められる求人があることが特徴です。正社員の求人情報も一部掲載はされていますが、案件は少なめと言えるでしょう。

その3:専門業界・職種には新聞や雑誌。

Licensed by gettyimages ®

新聞を読んでいる方はぜひ、探してみてください。会社ごとに掲載されている情報・業界が異なりますので読んでいくのも楽しいですよ。

新聞・雑誌
・金融業界なら経済新聞、地元企業なら地方紙、専門職なら専門誌というように、媒体ごとに求人企業に特徴がある。・最新の市場動向や新製品リリースなどの情報も抑えられるので、業界や企業の研究にも役立つ。

出典 https://employment.en-japan.com

希望の転職先業界・職種が決まっている方には、新聞や雑誌の情報は有効です。

その4:転職フェア。

出典 https://re-katsu.jp

特に若い方向け。営業職や接客業等、通年で募集を掛けている企業がよく参加をしています。事務等の内勤の求人情報はかなり少ないです。ハイキャリア、非公開求人を求める方には向かないと思いますが、人と関わる仕事がしたい方、「どんな仕事・企業があるか見てみたい。」という方、第二新卒の方には良いでしょう。

・企業の担当者に直接会って話をすることで、募集の経緯や社風なども聞くことができる。・その場で応募する必要はないので、立ち寄るだけでさまざまな情報を得ることができる。

出典 https://employment.en-japan.com

転職フェアのメリットは、「企業の担当者に会えること」です。興味がある企業が出展している場合は、行ってみてはいかがでしょうか。

その5:転職サイトの閲覧。

Licensed by gettyimages ®

転職サイトごとにターゲットとしている、年齢・性別・職種・年収が異なりますが、リクナビネクスト、マイナビ、DODA等、一通り見てみると良いかもしれません。

求人があるかないか、を確認するという点では間違いなく使うべき情報メディアです。質を求めて使うときは注意が必要ですが、「あの企業って人欲しがっているのかな」くらいのリサーチにはうってつけの情報量を持っています。

出典 https://callingood.com

ただし、企業が内密に進めている求人等は表にはまず出てきません。ハイキャリアの転職を求める場合は、転職サイト以外で探すと良いでしょう。

その6:企業のHP。

Licensed by gettyimages ®

転職サイトや人材紹介に依頼はしていないけれども、良い人がいれば採用したい。

このように思っている企業さんは意外と多いものです。行きたい企業が決まっている方は、直接企業のHPの採用欄を見ておくと良いでしょう。募集がされていない場合でも本気で行きたい場合は、メールやお電話で問い合わせるのも良いかもしれません。

その7:転職エージェント。

Licensed by gettyimages ®

こちらはエージェントごとに得意業界、職種、年齢層等が全く異なります。また、ハイキャリア、ミドル層、若年層など、どの企業の案件を多く持っているかも確認しておくことが必要ですが、「求人情報に掲載されていない情報」に出会えることが多く、多くの場合転職サイトよりも倍率が低い状態で応募をすることが出来ます。

その8:知人の紹介。

Licensed by gettyimages ®

意外と使えるのが、こちらです。せっかく採用した人が、会社に馴染めずに辞めてしまうことは残念ながら起こっています。知人の紹介であれば「その人がどんな方か、どんな仕事が向いているか。」ということが分かりますので、このようなミスマッチを減らせて、会社で活躍してくれる確率が高くなります。

自分に合った仕事を探すための有効な方法なのに、なぜか転職希望者があまりやっていないことがあります。それは「知り合いネットワーク」の活用です。現在勤めている企業がある以上、なかなか転職活動中と公言できない事情はわかりますが、少なくとも友人や勤めている会社と距離のある人には、「転職先を探している」と伝えたほうがよいと思います。

出典 http://diamond.jp

勤務先と勤務先の取引先の企業には公表できませんが、転職を考えているのでしたら在職中から積極的にお仕事を探すと良いでしょう。

転職を正解に出来るかどうかは、あなた次第。

Licensed by gettyimages ®

仕事が嫌だから辞める。という方はキャリアチェンジ・キャリアアップではなく、ただ仕事を変えるだけになってしまいます。そうではなくて、転職を「キャリアアップ」にするためには、行動や考え方がとても重要です。

私たちは絶対的な正解やベストの選択が存在すると思い込みがちです。もちろんどの企業を選択するかも大切ですが、転職を成功させるにはそれより「この選択を絶対に成功させるぞ」と強い意志と覚悟を持って努力できるかのほうが重要な要素です。

出典 http://diamond.jp

意志と覚悟を持っている方は転職先で活躍できることでしょう。

情報を知ることで、より良い転職に繋がる。

Licensed by gettyimages ®

どんなに優秀な方にも「自分の希望条件の仕事が掲載されている媒体」はある程度決まっています。どこに行けばよい情報に巡り会えるのか、日頃からアンテナを張っておきましょう。不用意に年収や待遇を下げるのではなく、これまでの経験を生かし、ステージアップをして仕事ができるなお仕事を探しましょう。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス