「楽してお金を稼ぐには?」「自分の住んでいるところから遠く離れた場所で、物乞いをすればいいのさ。」そんなことを筆者はむか~しきいたことがあります。さすがに実行する気には・・・ですが、これをやってのけた、いや”常習犯”だった女性がいます。フタを開けたら更なる事実も発覚。さて一体?

”いかにも”な様子で。

Licensed by gettyimages ®

根は優しい中国人に付け込んで?

 中国、広東省梅州市の路上で物乞いをしている若い女性。ジャージ(これは高校の制服。)を着て緑色のリュックを持っていて、”いかにも”な模様。彼女を見た市民が、これはけしからぬと警察に通報。

 駆け付けた警官に対してこの女性が見せたものは、「高校2年生」の学生証及び、姉がガス爆発で死亡したという「死亡証明書」。物乞いを正当化する理由(?)があったらしいのですが。警察がよくよく調べたところ・・・

よくまあ、今まで。

Licensed by gettyimages ®

どうやってニセを作ったの?

実はその学生証も証明書も、偽物だったのです!どのくらいニセものだったかというと・・・女性は1983年生まれ。結婚しいて子供もいます。彼女はなんと、それまでずっと物乞いを生業にしてきたとのこと。中国ではこの件が報じられるや否や、ネットで様々な角度から意見が飛び交っています。

「32歳で女子高生に扮することができるなんて素晴らしいじゃないか!」

「若さを保つ秘訣をぜひとも知りたい。」

「顔で十分食べていけると思うな。人をだますには演技力も必要だ。」

「この女性は自分の顔にものすごく自信を持っていることを意味している。」

出典 http://news.nifty.com

 筆者も女性なので、やはり彼女の若見えの秘密は知りたいところです。(笑)でもそれだけ若々しければ、”演出”などせずとも自身のルックスだけで路上で同情を買うこともできるのでは・・・ともあれ、お子さんがいても、いつまでもキレイな”美魔女”は世界中にいるようです。さて一方ではこんな意見も。

「若さを保つ秘訣の講義をすれば、生活費ぐらいは十分に稼げると思うぞ。こんな人に見下される徳に欠けた事なんてすべきじゃない。」

出典 http://www.recordchina.co.jp

 いや、至極まっとうなご意見です!日本でも、若さを保つ秘訣に関する本が次々と出ていて話題になることもありますよね。確かに稼げるはず。これが世界どこでも女性の関心事であるのは、間違いないでしょうから。と、ここでちょっと気になるコメントが・・・

「腕利きの物乞いは1日に600元(約1万2000円)を稼ぐらしい。しかも警察官は貧乏だと嘲笑しているらしいぞ。」

出典 http://news.nifty.com

プロがいる!

Licensed by gettyimages ®

さすがプロ?!

そう、いるのです、中国にはプロの物乞いが!しかも・・・

1人あたり月収7000~8000元(約11万4000円~13万円)にもなるという。これは新卒の大学生の月給の2~3倍に相当する額だ。

出典 http://www.recordchina.co.jp

中にはプロ中のプロともいえるおじいさんも。彼は旧正月や中秋節など “繁忙期” には2~3万元(約35万~53万円)も稼ぐそう!更にの男性は、2階建ての家を建て、3人の大学生の子供を養っているとのこと。ここまでいくと、あっぱれ!というしかないのですが。

中国市民はやはり疑いの目で見ているようで。本当に困っている人なのかプロなのか区別しづらいという声も以前からあがっているのです。人の善意を利用する詐欺行為であるとか、稼いでいるのに税金逃れをしているといった意見も出ています。

 物乞いの人を見かけると、ついお金をあげてしまいそうになる。でもプロかもしれないと思うとあげるをためらってしまう。なんとも悩ましい問題。加えてこんな指摘も・・・

組織的に?

Licensed by gettyimages ®

これもありえる・・・

物乞いは”個人営業”だけでなく、組織的に行われ、マフィアの資金源になっているという話もあるのです。また、シフト制で物乞いたちが交代してるのを見たという人も。どこまでが信実なのか、実態がなかなかつかめない中国の物乞い。ただ、結構がっちり稼ぐことができるのは確かなようです。

まだこれしきでは?

出典 http://blog.goo.ne.jp

かの”偽女子高生”は・・・?

 かの、女子高生を装った主婦物乞いさん。釈放された後、凝りもせず今もひょっとしてどこかの路上で頭を下げているかもしれません。なにせ広~い中国。物乞いのプロもいるというお国。

 この記事を読んで、そうだ、海外旅行のついでに物乞いを!なんて思った方。旅の恥は掻き捨てとはいいますが、何が起きるかわかりません。あきらめた方が身のためと、筆者からのアドバイスです・・・(笑)

この記事を書いたユーザー

Maggie Cheung このユーザーの他の記事を見る

香港、台湾、中国そしてタイが大好きで、アジアをこよなく愛する心の旅人。英語は仕事で、中国語は趣味。スピリチュアルや占いにもちょっとうるさいライター。自身のレーダーがとらえた情報を、考察をまじえつつ発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス