日本では外にいても、どこにでもきれいなトイレがあるので、トイレを我慢するという必要があまりないように思います。

イタリア在11年の筆者。日本とイタリアのトイレ事情というのはけっこう違うように思います。

今回はそんな日本とイタリアのトイレ事情の違いをご紹介したいと思います。

イタリアではトイレがどこにでもあるわけではない

日本では外にいてトイレに行きたくなったとしても、公衆トイレもありますし、コンビニなどお店に入ってトイレを借りる(その後なにか商品を購入しますが)ということができます。

しかし、イタリアではまずきれいなトイレを探すというのが困難なことですし、日本のコンビニのように客にトイレを貸しているお店ばかりではありません

また、車で田舎の方へいけば、お店だってまばらです。そうなるとずっと車内でトイレを我慢しないといけない…なんてことも私はしょっちゅうあります。

ですから、尿意がなくても、トイレを見つけたらとりあえず行っておく!

トイレに行くチャンスを逃さないことがイタリアでは大切です。

足の長さの違い!?便座が…

日本とイタリアのトイレの違いと言えば、便器。

イタリアですので、トイレといえばもちろんどこも洋式です。となると、女性は便座に座って用を足すことになるのですが…。

私は昔から公衆トイレで便座に座る(お尻を便座につける)のがどうも好きではありません。ですから、日本でも、外のトイレで用を足すときは便座を上げて空気椅子状態で用を足します。そうしている女性はきっと私だけではないと思うのですが…。

この空気椅子状態で用を足すというのは普段トレーニングをしていない人にとってはなかなか辛い体勢です。日本でも十分に辛い体勢なのですが、イタリアではさらに辛い!

なぜかというと、イタリアの便器は日本の便器より高さがあるのです。

イタリア人は日本人より平均身長が高いからでしょうか?足の長さが違うからでしょうか?イタリアの便器は高い!

なので空気椅子状態でいるのも日本よりもさらにキツイのです。

私の経験からすると、イタリアのトイレで便座におしりをつけたくない女性は、高いヒールを履いていると少し空気椅子の体勢が楽になりますよ。

日本人からは理解不能なトイレ

イタリアでときどき見かけるのが上の写真にあるような便座のないトイレです。

便器のみ!(便座がない!)

上にも書きましたように、私はどっちみち公共のトイレでは便座を上げて空気椅子状態で用を足すので、便座が必要ではないのですが…。もし、便座に座ってゆっくり用を足したい人がいた場合、この便座のないトイレではどうやって用を足すのでしょう?

便座のないトイレの場合はゆっくり用を足すことをあきらめ、全員私のように空気椅子状態で用を足す???それとも、便座のないトイレの場合は他に用の足し方、座り方がある???

もし、全員空気椅子状態で用を足すことを強いられるのであれば、足腰の弱いお年寄りは大変だなぁ…と思うのです。

イタリア生活11年になりますが、未だに謎なことの一つです。

まとめ

いかがでしたか?

日本も洋式のトイレが多いので、何も変わらないだろうと思いきや…。

便器一つにしても、いろいろ違いがあるのですよ。

この記事を書いたユーザー

シェコ このユーザーの他の記事を見る

2004年よりイタリアはフィレンツェに住んでいます。
イタリア人の夫と黒猫1匹との生活。
日本語講師としてイタリア人に日本語を教えています。
魅力的なイタリア、不思議なイタリア、海外から見た魅力的な日本、不思議な日本を中心にお伝えしていきます。

普段のイタリア生活についてはアメブロに書いています。
http://ameblo.jp/firenzefungo/

トスカーナ、フィレンツェ観光に関してFirenze in Tascaというトスカーナ、フィレンツェ個人旅行サポート会社のサイトにて記事を執筆中。
http://firenzeintasca.com/

権利侵害申告はこちら