K-9といえば「特殊な訓練を受けた警察犬」という意味で、名前からしてなんだかカッコいい響きですよね。1989年のアメリカのアクションコメディー映画「K-9/友情に輝く星」を見たことがある方もいるかと思います。警察犬としての訓練には、特にジャーマン・シェパードが使われることが多いので、シェパード=知的、クールというイメージがありますよね。

さて、カナダのバンクーバー警察のK-9、ニコというシェパードが今SNSでかなり話題になっています。なぜ、そんなに話題かというと…まずこちらの写真をご覧ください。

降下訓練中の警官とニコ

出典 https://www.facebook.com

こちらの写真、Facebookで公開されたのですがあまりの可愛さに大反響。警察犬らしからぬしがみつきの態度。なんだか情けなさそうな顔!?降下訓練中ということで、怖かったのか落ちまいと必死な様子が伝わってきて思わず見ているこちらが笑顔に。

すごく必死…なのが伝わる1枚

出典 https://www.facebook.com

高い所からロープを垂らして、それにつたってスルスルと降りるというシーンはみなさんも映画などで見たこともあるでしょう。素早く、的確に降下するという訓練中なのですがどうやらニコにはちょっと苛酷過ぎたのでしょうか!?ビビりまくっている様子です。

ニコに片足をしがみつかれた警官も、ニコを落としてもいけないし素早く降下しないといけないので必死でしょう。どうやらニコは大変な訓練を経た後で、相棒の警官からご褒美をたくさんもらったそうです。

警察犬として活躍するためには、やはりこうして苛酷な訓練に耐えているのですね。日本でも犯罪や震災での救助活動に多くの警察犬が活躍してくれています。どの警察犬も人と同じで必死な思いで訓練を経ているのでしょう。

こういうシーンを見ると頑張ってくれているK-9に「有難う!」と言いたくなってしまう筆者です。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス