今やインターネットで、手に入らないものは全くといっていいほどない世の中になりました。便利といえば便利ですが、「こんなものまで!?」というようなものをビジネスにしている業者もあり正直驚かされます。

今回、この驚きのインターネット業者を使って、普通では考えられないようなデリバリー依頼をした女性がいたのです。

夫と若い浮気女へ復讐したアマンダ、35歳

出典 http://www.dailymail.co.uk

イギリス在住、NY出身のアマンダ(35歳)は、自分のフランス人夫(48歳)が20歳の若い女と浮気をしていることを知ってしまいました。自分の娘(18歳)と2歳しか年が変わらない女に夫を奪われたアマンダ。

そんな夫と離婚してアマンダは前向きに生きる決心をしていた矢先に、今は元夫と一緒にイギリスを離れた浮気女から誹謗中傷の手紙が届いたのです。「彼の心を踏みにじった陰険なあなた。少女のような私が彼を救ったのよ。私達はソウルメイトよ。運命の相手同士。」なんと手紙はポエムのような形で書かれていて、アマンダに衝撃を与えました。

アマンダはこの「亭主の心を繋ぎとめておけない酷い女」という意味を込めた挑発したような「ポエム」に、怒り心頭。どうにかして元夫とこの浮気女に思い知らせてやりたい!そう思っていたアマンダ。ある日インターネットでとっておきのリベンジ方法を見つけたのです。

その名も「糞速達便」!!

Licensed by gettyimages ®

なんと、「s***express」という運送業者。デリバリーするのは、まさに「うんち」。このサイトではどうやら好きな動物の糞を選べる様子。アマンダが選んだのは馬の糞。サイトには「あなたの大嫌いな相手に送る最も適したギフトです。元妻、セクハラ上司、嫌な同僚、うるさい近所住民、成功したことを鼻にかける友人などなど、送る人は誰でもいいのです。あなたがその人を大嫌いでさえあればOK」などと書かれています。

ギフト用ボックスも選べる親切さ

Licensed by gettyimages ®

ただのシンプルな箱に「糞」を詰めて送るもよし、更には箱に悪臭のするステッカーを貼って送るもよし、どれだけ自分がその相手を嫌っているかのレベルによる選択肢も与えられているようです。もちろん送り主は匿名で。どうやらこちらの「糞運送」ビジネス、好調なようです。

それもそのはず、値段もたったの16.95ドル(約2000円)。アマンダはオーガニックの餌で育てた馬のホカホカの糞を大量に元夫と浮気女へ送りつけたのです。

私を怒らせたらどういうことになるか思い知らせてやるわ!

Licensed by gettyimages ®

大量の馬糞を送りつけたアマンダでしたが、それでも悔しくて数日間は落ち込んでいたそう。「サイトを見つけた時には、糞を送りつけることになんの躊躇いもなかったわ。怒りが爆発していたし。」夫を奪っただけでなく、その後に誹謗中傷の手紙を送りつけるのはやはり許されないことでしょう。

こんな形でリベンジされても仕方のないこと。二人からはその後何の連絡もないそうですが、「彼を勝ち取ったなんていう態度は絶対許せない!被害者は私なんだから!」というアマンダ。ごもっともです。この20歳の馬鹿な浮気女も、いずれまたそのうち捨てられるでしょう。

糞デリバリーもしたことだし、アマンダにはこの件に関しては踏ん切りをつけて、前向きな気持ちになって欲しいですね。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス