記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
思春期は、本当に難しいですよね。ちょうどこの年頃のお子さんをお持ちの方は、日々のお子さんと攻防に、ついため息が出てしまう方も多いのではないかと思います。では、この思春期、もとい反抗期の時期には、人間の発達途上の脳の中ではどのような変化が起きているのでしょうか。

今回は医師に、脳の発達と思春期の関係を解説していただきました。

思春期は誰もが通る道…?

思春期といえば、気分が変わりやすく、いつもイライラしていたり、どこに怒りのスイッチがあるかわからなかったり、えらく情緒不安定だったり、自意識過剰だったり…。もちろん、例外もありますが、多くは可愛らしかった子供の頃とはうって変わって、とても扱いにくい存在になるものです。

しかし、大人になって自身の思春期の頃を考えると、やはり同じようにイライラしていて、自意識過剰で、情緒不安定で…穴があったら入りたいような恥ずかしい記憶を持つことが最も多いのも、この時期ではないかと思います。いわゆる青春と重なる時期でもあり、振り返ってみるとピチピチしていてなかなか魅力的な自分でもあったのに、なんであんなにふてくされたり、腹が立ったりしていたんだろう、と不思議に感じる方もいるかもしれませんね。

しかし実は、それらは脳の成長による影響だったのです。

脳の働きと思春期との密接な関係とは?

人間の脳は、生まれてからも様々な部分が発達していきますが、人に対する共感や、社会性(周囲を見てそれに合わせて行動する能力)、自分の意思をしっかり決定する能力というのは、思春期から20代の半ばまでかかって作られるといわれています。ご自身の経験から深くうなずかれる方も多いのではないでしょうか。そしてこれらの部分は、それぞれ、以下の部分がつかさどっていると考えられています。

1. 眼窩前頭皮質(がんかぜんとうひしつ)
ほかの人の立場になって考える、つまり共感や相手を思いやることを主につかさどる領域です。この部分が未発達である人、例えば小さな子は相手の状態を考えずにストレートに人が傷つくことを言ったり、したりすることがありますよね。

2. 上側頭部
いわゆる社会性を支配する分野と考えられます。以前、KY(空気が読めない)などという言葉が流行ったことがありましたが、この部分が未発達であると、ぎこちない行動や、不必要に攻撃的な行動が出る可能性があります。

3. 背外側部
計算高さ、というと聞こえは悪いですが、物事の合理性をつかさどる部位です。30代を超え、大人になると情熱よりも損得勘定で動く人が多くなる気がするのは、ある意味この部位の発達が原因と考えられます。残念なことでもありますね。

≪自分でも気がつかないうちに心が病んでいるかも…≫
心のお疲れが爆発する前に、今の心の状態を知るには

【医師からのアドバイス】

いかがでしょうか。これらの部位が思春期から20代半ばまで、目まぐるしく発達、変化しているので、自分の意見がコロコロ変わったり、不適切な行動や感情の表出が目だったりすると考えられています。これならば、思春期の感情の不安定さにも納得がいく気がしませんか?

私たちがこの年齢の子供にできることは、まず、自らもその時期を経てきた大人としての冷静さを保つこと。また、食事のバランスや生活リズムに気を配ることも、脳や身体の発達を促すために必要で大切なことですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス