毎年夏から秋にかけて総理大臣が参拝するしないと話題になり、韓国や中国が大騒ぎする靖国神社ですが、知っている人は知っていますが、何の神社かわかってない人が多いのも事実です。

中には戦争神社や戦犯を祀る宗教団体等間違った認識の人も多いかと思います。

靖国神社とは何なのか?解説させていただきます。

そもそも靖国神社ってなんだ?

靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。

出典 http://www.yasukuni.or.jp

こちらは靖国神社のWEBサイトからの引用です。

何のことかわからないという方のために噛み砕いて説明すると…。
徳川幕府から明治政府に移る時に多くの命が失われました。いわゆる明治維新や戊辰戦争、西南戦争ですね。そこで明治政府のために戦いなくなった人達の魂をここに祀って、平和な国家を建設と祖国の平安を願う為に作られたものです。
要するに死んだ人の事を忘れずに平和な国を作りましょうと明治天皇が作ったということです。

その後、日本の国が行った日清戦争、日露戦争、満州事変、支那事変、大東亜戦争(太平洋戦争)などで亡くなった人も祀っています。
問題となっているのはこの内の大東亜戦争(太平洋戦争)で東京裁判でA級戦犯とされた人達です。
戦争したことを褒め称えているわけではありません。

靖国神社に祀られている著名人

有名所ですと、タイトルにもありますが坂本龍馬が祀られています。

更に吉田松陰・高杉晋作・橋本左内など明治維新の魁として亡くなった人達も多く祀られています。
ただし、あくまでも明治新政府の側で戦った人物の為、新選組や徳川幕府側の人間は祀られていませんし、西郷隆盛は最後反乱軍として死を遂げたので祀られていません。

ちなみに基本的には戦死した人物なので東郷平八郎などは祀られていません。

問題になるA級戦犯に関しては国家の犠牲者として祀られています。

戦争の悲惨さを伝える遊就館

遊就館という歴史博物館のようなものも靖国神社には併設されています。
見に行けばわかりますが、戦争の悲惨さを伝える博物館のようなもので、かなり見応えもあり、戦争などしては行けないと思わされます。

私自身長崎や広島の原爆に関する施設や沖縄の戦争関連の資料館やひめゆりの塔などにも行きましたが、そういう場所と同じように戦争の悲惨さを伝える場所です。
一度行事などがない日に行ってみるとわかりますが、なぜ、広島や長崎、沖縄に総理がいっても問題にならないのに、靖国は駄目なのか…。

ここでは書きませんが、反対している国はどこなのかなど調べてみると面白いかもしれません。興味が出たら調べるということは非常に大切です。もしもこの記事を気に調べる気になっていただければ非常に幸いです。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス