うのたろうです。

「紅茶うがい」を知っていますか?

紅茶うがい――読んで字のごとく、紅茶でうがいをするという行為。

これをするとどうなるのか?

すごくシンプル。
インフルエンザの予防ができます。

……というわけで。
本日は、そんな紅茶うがいについてのお話し。

紅茶うがいって、どうやるの?
なんでインフルエンザの予防に効果があるの?

そんな疑問を、簡単に、でもしっかりと説明していきますので、ごらんください……

紅茶うがいとは?

前述の通り、紅茶を使ってうがいをすること。それが紅茶うがいです。

では、なぜ、紅茶でうがいをするのか?

それは紅茶には強力な殺菌作用があるからです。
その殺菌作用がどれくらいなのかといいますと……

なんと「市販のうがい薬以上」というのですから驚きです。

しかも、紅茶というのは緑茶にくらべてボツリヌス菌に対する殺菌効果が高いというのも証明されています。口のなかの殺菌をしっかりすれば風邪にかからない。非常にシンプルな考え方です。

よく年配の方でお茶でうがいをされる方っていますよね。
これもたしかに殺菌作用やインフルエンザウイルスの感染予防に効果的ですが、殺菌効果は紅茶の方がずっとうえです。

そのため、うがい液をお茶から紅茶に変えるとさらに効果がアップしますよ?

では……

紅茶うがい「うがい液のつくり方」について

どのようにして紅茶うがいをおこなえば良いのでしょうか?
紅茶うがいをするためには、当然ですが、まずは「うがい液」をつくらなければいけません。そのつくり方は以下の通りです……


【材料】
紅茶の茶葉、熱湯

材料は以上です。
紅茶の茶葉と熱湯を用意してふつうに紅茶をだすだけです。

ちなみに。
紅茶の茶葉1g(スプーン約1/3)に対し、熱湯は100mlというのを目安にしてください。では、次につくり方ですが……

【つくり方】
まずは、熱湯で紅茶を抽出してください。

時間は20分以上が理想ですが、20分は長いと感じる人も多いですので、最低でも5分以上かけて抽出することを意識するようにしてください。

紅茶の抽出が終わりましたら、その液を水で2倍に薄めてください。

あとは、冷まして、通常通りうがいをすればOKです。


※このときの注意点としましては、つくったうがい液はその日のうちに使い切るようにしてください。自作のうがい液には保存料等の添加物等がはいっているわけではないので、保存すると傷んで悪くなってしまいます。

「ぐちゅぐちゅうがい」と「がらがらうがい」の違い

さて。
インフルエンザに効果的な紅茶うがいですが、いくらうがい液の効果が高くても、きちんとしたうがい方法をおこなっていなければ、その効果は半減してしまいます。

そんなわけで、正しいうがいの仕方をマスターしましょう。

まず基本として、うがいには「ぐちゅぐちゅうがい」と「がらがらうがい」という2つの方法があります。


①ぐちゅぐちゅうがい
正面をむき、口のなかで水をぐちゅぐちゅとするうがい方法


②がらがらうがい
うえをむき、がらがらとのどを鳴らすうがい方法

この2つには順番があります。具体的には……


ぐちゅぐちゅうがい→がらがらうがい


これを徹底してください。
イメージとしては、ぐちゅぐちゅうがいで口内にたまった雑菌やバイ菌、ウイルス等を水に溶かして吐きだす。その後、がらがらうがいで、すでにのどの方に侵入してしまっている雑菌やバイ菌、ウイルス等をかきだして吐くという感じです。

正しいうがいの方法

では「ぐちゅぐちゅうがい」「がらがらうがい」の違いがわかったところで、正しい紅茶うがいのやり方についての説明です。

うがいは一度につき4回~5回くり返すようにしてください。やり方は以下の通りです。


1回目
①うがい液を口にふくむ
②正面をむいてぐちゅぐちゅうがいをする(強めに約10秒)
③そのまま吐きだす

2回目~4回目
①うがい液を口にふくむ
②うえをむいてがらがらうがいをする(約10秒)
③そのまま吐きだす

これで完了です。
たったこれだけでインフルエンザにかかりにくくなります。

まとめ

紅茶うがい。
奇をてらったようなものにきこえるかもしれませんが、これがしっかり理由があることですので、ぜひこれからの季節の習慣にしてみてください。

いよいよ11月になりました。
そろそろ感想する季節です。

お子さんのいるご家庭などは、とくに気をつけて、うがい・手洗いを徹底してあげてください。

紅茶うがいに限らずうがいを習慣的にすることで40%も風邪をふせげるそうです。

ちちんぷいぷい。
うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら