記事提供:心身調律セラピスト 岡田哲也のブログ

【私はママ友がいません】

ま、いないことは無いんですが、少ない気はします。が、子育て楽しいですよ。

よくこう『ママ友がいなくて寂しいんです』『子どもがいないから寂しいんです』『独身だから寂しいんです』などなどありますが、

それ、騙されてますね。

寂しさの理由を今の自分の環境に求めてるだけです。単に寂しいだけです。

うちはじゅんせー連れて2人でしょっちゅう新宿御苑に行きますが、毎瞬楽しんでます。

『どこ行くんじゃー!』という育児奮闘中パパごっこしたり、スパゲッティむしゃぶりつき食べ散らかしを見て『あらあらあら』したり。

そんな子育ての喜怒哀楽を楽しんでるだけです。

で、先に挙げたように【ママ友がいなくて、子どもがいなくて、独身で】寂しい。というのは単に寂しいだけです。

世界なんてくそシンプルです。

独身の幸せを楽しんでると、楽しい結婚が出来て楽しい育児になる。

独身だから寂しいのだと結婚したら枯れた夫婦生活がやってきて、潤いが欲しいと子作りしても今度はママ友がいなくてと嘆く。

それだけなんですね。

で、どうしたらいいの?って、まずは自分で自分を幸せに満たす。それ以外に無いんです。

ご自愛で自分を満たす

満ちたパートナーシップ

満ちた人間関係

満ちたビジネス

満ちたお金の循環

て感じです。

だから億万長者になったり、成功者になれば満たされるはずだ!と順番を違えて行動すると、結局はどこかでこじらせて流れが壊れていっちゃうんです。

このパターンは整体師の頃に自分もやりましたし、自己啓発の時はさらにやってました。

今度のお金のワークショップでもお話しようと思いますが、もし今の環境に対して寂しかったり嫉妬したりムカついたりするなら、ただ単にそう感じる自分だと認めて感情は感じてあげる上で、ご自愛していく。

毎度同じ結論ですが、結局はそこなんです。

余談ですが、無価値観や自己否定が強い人ほどドラマティックなプロポーズやエグゼクティブなプレゼントにコロッといっちゃったりします。

『私のことを認めてくれたわ!』という自分で自分を認めてないから認めてくれた誰かにイチコロパターンです。

ナイナイアンサーの元セレブ妻を見るとよーくわかりますが、そこには子宮の声も魂の感覚も関わってないので、結局破綻しちゃうんですよね。

ちなみに今じゅんせーお昼寝したのでこのブログを書いてます。

子どもは邪魔もの?何を言うのか、です。子どもがいて家族がいるからこそこうやって発信できるネタがいくらでも産まれるんですから。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス