記事提供:秒刊SUNDAY

先に言っておきます。この記事を読んでも答えも出ませんし、最後まで読むだけ無駄であることをご了承ください。

しかし、一応この記事のコンセプトを伝えるとすれば、こんな問題が海外で話題となっており、解けたら天才ですよ、と話題となっているということです。従って筆者はこの答えを知りませんのであしからず…。申し訳ございません。

答えは知らないとしても、一応問題を伝えますと、オーストラリアの50セントコインを2つ並べ、その間の角度を求めよということです。安心してください、答えは選択肢となっており、以下5つから選べます。

A:12°
B:30°
C:36°
D:60°
E:72°

この問題は海外でも多くの方が「難問だ」と答えているようですが、そもそもこのコインの角のそれぞれの角度が定義されていない時点で答えが出るのでしょうか。それともコインの角の角度は常識なのだろうか。

そのうちの答えのひとつということです。

<以下ネタバレ含む>

60°ということでDのようです。

なるほど、円の角度は360°、それを12の角があるので12で割って…外角が隣り合っているので×2で60°ということのようです。

答えを読んでも難しいですね。

出典:dailymail

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス