記事提供:まぐまぐニュース!

職場に早く帰れない雰囲気があって定時退社ができない…無料メルマガ『音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】』の著者音多秀茂さんは、それは「洗脳」されているからかもしれない、と危惧しています。

あなたの会社は大丈夫ですか?悪用厳禁として、音多さんが「洗脳」を解く方法をご紹介しています。

定時退社が非難される職場の雰囲気

今日はビジネスのタネをお届けします。

今回はある読者さんからのリクエストにお答えして、ビジネス戦略でも、ビジネススキルでもない、ある切実な問題についてお伝えしたいと思います。

その問題とは…。

職場に早く帰れない雰囲気があるので定時に帰れない

という問題。

この方、朝は始業1時間前には会社に着き、精力的に仕事をこなし、定時前には明日の仕事の準備まで整えていらっしゃるそうです。

にもかかわらず、職場に帰ってはいけない雰囲気が漂っていて(笑)、いつもダラダラ20時~21時頃まで会社に居残ってしまうそう。ひどいときには深夜0時の最後まで席にいて、戸締りをして帰るのだとか。

本人の気持ちとしては当然定時には帰りたい。しかし雰囲気がそうさせてくれないし、逆に最後まで残っていると、会社に貢献している気になり安心してしまうということです(すべてご本人の了承を得て書いています)。

こんな事、本当にあるんでしょうか?

「気にせず早く帰ればいいのに」と思う方もいると思いますが、ネットで調べるとこういう悩みを持っている人はたくさんいるようです。

そして、さまざまな解決法もネットで出てきますが、私はこの話に似たあるリアルな体験談を読んだときに、この問題の深刻さに気が付きました!!

その体験談を一部拝借すると……

「ある日上司が私を呼んで、私だけ定時で帰るのは組織のモチベーションを下げるので、少しは周りを考慮してほしいと言われた」

出典 http://www.mag2.com

この一文を読んで、私は「あ、この問題は小手先のテクニックでは解決できない相当深刻な問題だ」と思いました。

ちなみに私が“小手先”と思ったテクニックは以下のようなものです。

▼スキルアップや効率化で早く仕事を終わらせる
▼優先順位付けで定時退社を目指す
▼早く帰ると決意する
▼頑張って職場の雰囲気を変える
▼成果主義では残業が評価されないことを訴える

これらはどれもやっても悪いことではありませんが、おそらくどれをやっても最初の問題の解決には至らないと思います。

あなたはこの問題の深刻さに気づきますか?そして解決方法はあると思いますか?(笑)

定時退社を避難される問題が深刻な理由とは

この問題が深刻な理由とは、これが職場の“雰囲気”の問題だからです。雰囲気の問題に一人で抵抗しようと思っても絶対に勝てません。

なぜなら雰囲気とは、その場にいる人達や環境が生み出す空気であり、その場の人達はその空気を吸って生きているからです。すでにその雰囲気が身体の一部にもなっているんですね。

もっとわかりやすく言いましょう。この問題が深刻な理由とは、集団催眠であり、洗脳であり、宗教と同じだからです。

私は宗教にハマったことはありませんが、宗教から抜け出すのはとても大変なことだと思います。

大変な理由は二つあって、周囲の引きとめにあう点と、本人が知らずに洗脳されるがゆえに、頭では抜けたいと思っているのに、一方でその場にいると安心感を感じてしまい動けないからです。

今回の問題、仮に当人が強行突破で毎日一人だけ定時に帰るとどうなるか?

おそらくその場を乱す“異分子”として周囲に違和感を与えます。そして周囲からそのような存在として認識されれば、徐々にその集団から排除されていく可能性が高まります。いじめとかパワハラに繋がりかねないですね。

これは人が恒常性(ホメオスタシス)を保つという強力な性質によるものです。この性質によってその集団は健全性を保ち続けるんですね。

以上がこの問題の深刻たる理由です。

「音多さん、集団催眠って、なんだか問題がより深刻になってしまいました。もう定時退社は諦めろってことですか?」

はい、要するにそういう事です(笑)。

集団には抵抗したって勝てっこありません。であれば、さっさと異動願いを出すか、転職してしまいましょう。

世の中にはこうした異常な集団がある一方で、あなたが心地よいと感じる集団も星の数ほど存在するのです…。

という答えじゃ、ご本人が満足できないようなので(笑)、真面目に解決策をご提供致します。

質問者さんはその真因が“洗脳”とか“集団催眠”と同じものだと知って、深いショックを受けておられましたが、一方で「なるほど、確かに同じですね」と腑に落ちたご様子でした。

真因がどこにあるのかさえ気づいてしまえば、あとは知識でどうにでも解決できます。つまり「催眠や洗脳を解く方法」がこの問題の鍵となるんですね。

「音多さん、なんだかより一層難しくなってきましたね」

いやいや、これすごく簡単で、むしろ誰にでもできるから恐ろしい方法なんですよ。

職場から受ける洗脳や催眠を解く方法

洗脳の基本は以前、RPEの北野さんがご紹介されていた方法がとてもわかりやすいので参考にします。

「洗脳」には二つの重要要素があります。

1. 同じ情報を繰り返し繰り返しインプットすること
2. 他の情報に触れさせないこと

出典 http://rpejournal.weblike.jp

今回の問題も、単純にこの二つが繰り返されて発生しているんです。

例えば…

1. 毎日定時に帰らない職場の人達を繰り返し見る
2. 定時退社はあたりまえという世界を知らない

という状況で発生している。だとすれば、この二つを強化してあげることでこの問題は解決に向かうはずです。

解決策1 同じ情報を繰り返し繰り返しインプットする

これは今受けている洗脳を「定時退社してもよい」という洗脳に変えてしまえばよいんです。

方法論は「同じ情報を繰り返し繰り返しインプットすること」です。洗脳は言葉でできていますから言葉で対抗します。

「私は定時以降の退社時間について、自分で自由に決めてよい」

これを紙に書いて持ち歩き、日に三度繰り返し唱えると自分を洗脳することができます。

解決策2 他の情報に触れること

あなたが組織の一員である場合、個人の力で組織の雰囲気を変えることは難しいですよね。でも方法はあります。

その場合、恒常性の性質がありますので、徐々にゆっくり変えていく必要があります。コツは内外から徐々にゆっくりです。

外側から変えるのは、あなたがいる池の外側に、異なる水質の池を準備し、徐々に接触させるイメージです。

例えば、定時後に大事な予定が入っている場合、理由をつけて早く帰れたりします。

つまり、外の世界の雰囲気が会社の中に届くようにしておくと、洗脳が解けるんですね。

このとき準備する外の世界は、自分のためであると同時に誰かのためである行動であれば強力に働きます。

内側から変えるのは、エレベーターに乗ったときに、あなたのおなら…じゃなくて(笑)、良い香りがそのスペースに充満するイメージ。

例えば、一週間ごとに5分ずつ早く帰るようにする、というようにゆっくりとした変化自分から起こすことで、内側から徐々に場の雰囲気を変えていくことができます。

あなたに釣られて隣の席の人も早く帰るようになり、それが伝搬していく。これは周囲の雰囲気を察しながらゆっくりやる事がコツです。

まずは自分にかかっている洗脳を解き、逆にあなたが職場を洗脳してしまう気持ちで行けば、楽しく思い通りに周囲をコントロールできます。

悪用厳禁ですから、あくまで“改善”のために使ってみてください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス