記事提供:まだ東京で消耗してるの?

まだ格安SIM使ってない人が多いようなのであらためて。

だいぶ安くなりました

9月分のスマホ料金、3,373円でした。これ1台じゃなくて、妻とぼくの2台分です。圧倒的に安いですよね。

今さらみんな知ってるかな、と思いきや、ツイッターで「なんでこんなに安いんですか!?」と複数のリプライをいただきました。うーむ、まだ格安SIMのすごさは知られていないみたいですね。

わが家は「IIJmio」を2枚契約しています。妻用に「3GB+080番号付き(みおふぉん)」を一枚、ぼく用に「5GB(データのみ)」を一枚という布陣。

最初は両方3GBだったんですが、ちょっと足りないので容量増やしました。IIJmioはデータ量変更がすぐにできるのがいいんですよ。他の業者だと一度解約しなきゃいけなかったり、なんぞ面倒なのです。ここ、契約時には要注意です。

もしもシークスもいいですよ

他の業者でいうと、ぼくは「もしもシークス」をおすすめします。こちらは新進気鋭のベンチャーで、毎月のようにサービスを拡充していて勢いがあるんです。iPhoneを扱っているのもここだけですね。

また別の記事で紹介しますが、最近も「毎日24時に制限解除」という画期的なサービスを始めました。わかりにくいかもしれませんが、これすごいです。もしもシークスはサポートも強いので、ITリテラシー低い人にもおすすめできます。

「ある程度通話もするし、正直格安SIMとかよくわからん」みたいな場合は「もしもシークス」、「ITリテラシーが高く、電話もしない。極力料金を下げたい」という場合は「IIJmio」ないし「DMMモバイル」あたりがいいでしょうね。

満足度最強は「光回線」+「格安SIM」

なお、うちは自宅では光回線(OCN光)を使ってます。電波が入らない山奥だからというのもあるんですが、昨今のストリーミングサービスの隆盛を考えると、やはり光はいいですね。

満足度を考えると、「自宅では光回線を利用して、外出時は格安SIMで料金を抑える」というスタイルが最強な気がしています。これでも総額8,000円くらいですしね。大手キャリアのスマホ1台分の料金で済みます。

というわけで、高い通信費を垂れ流すのはもうやめにしましょう。「2年縛り」が残っていたとしても、さっさと違約金払って解約しちゃった方が節約になると思いますよ。実際、わが家がそうでした。ぜひ計算してみてください。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス