オリンピックに向けて「海外の人たちが過ごしやすい環境を」と準備も始まっていますね。でも海外からやってくる人の中には、日本語がわからない人も多くいます。そんな人でも、アルファベットがわかればカタカナが読めるという画期的なフォントが話題になっています。

これは「Phonetikana」というフォント。これを制作したのは、ロンドンのデザイン会社Johnson Banksです。日本に何度も来たけれど、日本語が難しくて全然読めない事に毎回困っていたのだそう。そこで、アルファベットでの発音を文字に組み入れた新しいフォントを製作したのだそうです。

例えば、この「ユニクロ」という文字。

このままでは読めませんが、このフォントを使うと・・・

カタカナがわからなくても読む事ができるのです。

出典 http://johnsonbanks.co.uk

マイケル「MA EE KEH ROO」

出典 http://johnsonbanks.co.uk

トマト「TOH MA TOH」

出典 http://johnsonbanks.co.uk

スーパーヒーロー「SOO PR HEE ROH」

出典 http://johnsonbanks.co.uk

チーズ「CHEE ZOO」

出典 http://johnsonbanks.co.uk

「DOH KEE DOH KEE(ドキドキ)

これはなかなか素晴らしいアイデアではないでしょうか。これを使う事で、日本語がわからなくても、もっと気軽に楽しく日本での時間を過ごすきっかけになりそうですね。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス