フロリダ州、セントオーガスチン。この町に住むレベッカ・キングさんは、耳が聞こえません。大好きなスターバックスでコーヒーをオーダーするとき、これまではいつも店に入って注文するしかありませんでした。

先週、レベッカさんが運転して、同じく聾唖の友人とある一軒のスタバを訪ねたところ、驚くことが起こりました。この動画は翌日友人たちに見せたい!と、再度訪れたとき録画されたものです。

ドライブスルーのメニューに近づきます。

出典 https://www.youtube.com

一見普通に見えるスクリーン 沈黙が続きます

出典 https://www.youtube.com

するとバリスタの顔がスタバのロゴが在った場所から現れ!

出典 https://www.facebook.com

ここから、2人は手話で会話し、注文が無事完了!

2ウェイカメラが仕込まれていて、馴染みの客、レベッカさんの顔が見えたので、ケイティーさんがビデオカメラを始動させたというわけです。

バリスタのケイティーさん

出典 http://www.nbcnews.com

注文を担当したバリスタのケイティー(Katie Wyble)さんは、22才の大学生。彼女は小学生のときから手話に魅せられ、高校のときに第2外国語を履修する代わりに手話を勉強したそうです。

このビデオが内臓されたスクリーンが、カスタマーサービスを次のレベルに進めてくれました、とインタビューに答えるケイティーさん。

フロリダ州のあるスタバ

出典 YouTube

この動画は、なんと現在のところ600万回以上視聴され、18万回もシェアされました。これに対してレベッカさんは、
「この動きが他のファストフードレストランにも広がり、多くの店でカメラが使われるようになれば、すばらしいわ!」と話していました。

障がい者に優しい店作り、街づくり、日本でも広がって欲しいと思います。

この記事を書いたユーザー

LittleD このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。テキサス州在住。料理研究家でフリーランスのコラムニスト

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • グルメ
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス