記事提供:まぐまぐニュース!

メルマガ『上杉隆の「ニッポンの問題点」』で、「ここまで書いて大丈夫?」と思ってしまうほど、突っ込みすぎとも言える記事を配信している上杉さんが、これまた「炎上上等」の物言いで人気のロンブー淳さんと共著で、超過激な内容の単行本を上梓。

そこで今回は、新刊リリース記念の特別対談を誌上再現します。話はやっぱり際どい方向へ…。

【話題書】ロンブー淳と上杉隆に新刊本について聞いてきた!

やってきたのはMXテレビ、ここで毎週土曜日17時から放送されているのが「淳と隆の週刊リテラシー」。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳と、メールマガジン『ニッポンの問題点』などで精力的に活動を続けるジャーナリストの上杉隆が、世の中で話題になっている様々なニュースを取り上げ、生放送でゲストと共に制約無しのトークを繰り広げる異色の番組だ。

その番組から今回、『淳と隆のなんだかおかしいニュースの裏側』という本が上梓された。

本の内容はテレビの裏側から、ネットメディア、ブラック企業、ヘイトスピーチから安保問題まで多岐にわたるテーマで、2人の過激な発言だらけ!そんなお二人に早速お話を聞きにいったところ、ここでも放送禁止のオンパレードに!

編集:まず、淳さんが某局の情報番組のコメンテーター時代に、ニュースについて言いたい事が言えないような仕組みになっている事を詳細に書いていて驚きました。

:我慢することは体に良くないですもんね(笑)。

上杉:せっかくこんなに自由な国に生まれ育ち、何を言ったって殺されるまではないじゃないですか。

僕も世界中、80、90ヵ国回ってきて、これだけ好きにしゃべって好きに発信して命の危険性がない、拘束の危険性がないって、多分日本だけだと思うんですよ。

ところが、そんなに自由な国なのに、テレビに出ているようなジャーナリストや評論家たちってみんな自主規制で言わないんですよね。

一方でお笑いの世界ではあるけど、淳さんは自主規制は排すべきだ、という観点を持っていて素晴らしいと思います。

「テレビの規制がひどい」と聞いた淳が取った行動とは?

編集:『淳と隆のなんだかおかしいニュースの裏側』に書かれていたのですが、淳さんの竹島問題についてのつぶやきが炎上する一方で、淳さん本人は韓国に行って「おいしいキムチを持ってきてください!」と呼びかけて、韓国の若者が大勢集まって交流を深めた、とあります。

そういったバランス感覚はどういったところから生まれたんでしょうか?

:日本の報道が、韓国政府と韓国国民を一緒にしちゃってると感じたからですね。

行ったら全然日本のこと悪いように言ってなくて。やっぱり自分が行動しないとわからないよなとか、実際に触れ合わないとわからないと思っています。

だからこの番組でも中韓の留学生としゃべったりして、すごく報道が偏らないというか、そこで起きていることをそのまま伝えるという作業は心がけている、今の方が「知りたがり」な感じです(笑)。

上杉:僕はこの番組を始めるときに、淳さんに「僕の発言も全部疑って下さい」って言ったんです。これを前提にして、テレビへの批判も行ってきました。

そのなかで、テレビの規制はひどい、となった。すると淳さんは、総務省の放送行政局に聞きに行きます、BPOに聞きに行きますとか、これやるんですよ(笑)。

これは多分、他のタレント、いやテレビコメンテーターですら、思いついたとしても言葉にしない。言葉にしたとしても、周りがそんなことはやめてくださいってなる。

でも、淳さんは行きますって言うと本当に行っちゃうわけですよ。淳さんにとってプラスはない。テレビ界で生きていくなら、いじらないほうがいいところですから。

ジャーナリストや記者ですら、メディアの問題についてはいじらないんですから日本は。

:僕はいじりに行ったんじゃなくて、話を聞きに行ったんです(笑)。本にその内容は書いてありますから読んでください。

テレビに出る資格のない2人のジャーナリストの実名公開

編集:ところで淳さんは本の中でも「僕はコピぺ記者を撲滅する!」と言ってますよね?

:はい、でもコピペ記者は叩いても、全然こっちに叩きかえしてこないから不思議だなって。

上杉:記者とはいえませんね。だいたい今はジャーナリストですら取材しない人が多い。普通だったら、取材対象がわかったらまず申し込むわけじゃないですか。

電話で申し込み、断られたら家に行くわけですよ、大阪だろうが北海道だろうが。朝から待って出てきたら捕まえて、夜帰ってくるまで待って。

こんなの当り前だったのに、今はメールだけですよ。答える方も紙を出すだけ。そうした人たちが普通にテレビに出てコメンテーターやってるんですから、もう絶望してしまいます。

でも、本業でやってるジャーナリストとか記者もその程度の人が多いですね。レベルがそこまで落ちているんで、若い記者がコピペ記者になるのも、意識がないと思うんですよ。

自分たちが記者ですよって言う感覚もない。みんなやってるじゃんっていう、その程度!取材しないのが普通になってる中で、一生懸命直接本人に当てろっていうのが通じないのがよく分かりますよね。

実際に取材しない記者たちの方が、みんなテレビに出られる状態じゃないですか。名前を言うと可哀そうだけど(笑)、池上彰さんとか、津田大介さんとか。

一同:(笑)

編集:「淳と隆のなんだかおかしいニュースの裏側」ですが、特にこういう人に読んでほしいというのは?

:特に僕と上杉さんを疑ってる人に読んでほしいですね。

上杉2人の関係のこと(笑)?

:2人の関係(笑)?いやそれぞれを。田村淳どうなんだ、上杉隆どうなんだって疑っている人ほど手に取って読んでもらいたいというか。

上杉:僕はメディアの人にとくに読んでほしいですね。記者クラブの人もそうだし、番組作っている人もそうだし。要するに、あいつら言い過ぎじゃないか、調子乗ってるよね?と思っている人ほど本当に読んでもらって、確認してほしい。

:これを読んでもまだ疑うんだったら、それはそれで1つの意見なんでしょうがない(笑)。

一同:(笑)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス