今年の解禁は11月19日(木)です。

毎年各地で盛り上がりを見せるボジョレー・ヌーヴォー解禁の日。0時に解禁パーティなども行われて、楽しいですよね!

ボジョレ・ヌーヴォーとは?

ブルゴーニュ地方ボジョレ地区で作られたガメイ種の新酒。
毎年それぞれの国の現地時間で、11月第三週の木曜日が解禁日とされており、日本は時差の関係から、先進国の中で最も早い解禁を迎えると言われています。
もともとは収穫のお祝いとワイン業者がその年のぶどうの出来栄えを試飲するためのものだったそう。毎年のヌーヴォーの出来栄えを楽しみに飲まれている方も多いのでは?

2015年はどんな年?

毎年ボジョレ委員会やワイン販売業者のなかで、その年の出来栄えを予想したコメントが出されます。そして2015年は・・・・

2015年「記憶に残る素晴らしい出来栄え」

出典 https://ja.wikipedia.org

2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます

出典 https://ja.wikipedia.org

素晴らしい年となりそうですね!では2015年はどのような気候条件で、どのようなワインとなりそうなのでしょうか?

今年、厳しい暑さと歴史的な日照量のために、ボジョレのぶどう畑は完璧に近い衛生状態を保つことができた。また、特に8 月に少し降った雨のおかげで、ぶどうは素晴らしい条件の中で成熟を終えた。このようにして、生産者はよく熟して小粒で、素晴らしい品質を備え、厚くしっかりとした果皮を持つぶどうを収穫している。

出典 http://wandsmagazine.jp

今年は暑い日が多かったため、色の濃いフルボディのワインとなる見込みだそうです。今から解禁日が待ち遠しいですね!

”ワインは、酸、果実味、タンニンのバランスが完璧で、2015 年のボジョレを偉大なヴィンテージとするためのすべての要素が揃っている。”(9月22日付 ボジョレワイン委員会 プレスリリースより)

出典 http://wandsmagazine.jp

毎年飲むけど美味しくない・・

しかしながら毎年飲んでがっかりする、ということも少なくないのでは?実は私もその一人。毎年スーパーなどに並んでいるボジョレ・ヌーヴォーを買っては、美味しくなく、残念ながら「ボジョレ・ヌーヴォー=美味しくないワイン」ということがワイン好きの人の中でさえささやかれることも。しかしながらボジョレ・ヌーヴォーの良さはそのフレッシュで飲みやと豊かなアロマ。その魅力を存分に味わうためには、ボジョレ・ヌーヴォー選びもこだわりが肝心!

今年こそ!失敗しないボジョレー・ヌーボー選び

今年こそ美味しいボジョレ・ヌーヴォーを選びたいですよね!美味しいボジョレ・ヌーヴォー選びには3つのポイントがあります。

1. 無農薬・有機栽培のぶどうで作られたものを選ぶこと

フランスで作られる4分の1のボジョレが日本で消費されていると言われており、いわば商業的なワインとして成功しています。しかしながらガメイ種のぶどう栽培は手のかかるもの。ましてや無農薬・有機栽培で作るのは職人的な技術と手間、また長年の土壌づくりが必要です。
せっかくなので、手間を惜しまず丁寧に育てられたぶどうからつくられるボジョレ・ヌーヴォーを選びましょう。

2. SO2(酸化防止剤)無添加のものを選ぶこと

フレッシュな味わいを楽しむボジョレ・ヌーヴォーは長期保存を予定していないため、酸化防止剤を添加する必要がありません。添加しなくても自然な醸造過程で発生する場合もありますが、人によってはワインを飲んだ次の日の頭痛の原因ともなると言われているSO2。できれば添加していないものを選びたいですね。

3. 無濾過のものを選ぶこと

ぶどうの味わいをそのまま味わうには、断然無濾過のものを選びましょう。

今年こそ飲みたいボジョレー・ヌーヴォー

上記の条件で、今年こそは飲みたいおススメボジョレ・ヌーヴォーを2本ご紹介します。

ドメーヌ ジョベール ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 2015

出典ポントヴィーニョ(木下インターナショナル株式会社)

無農薬・有機栽培の素晴らしいヌーヴォーを毎年お届けしているドメーヌ ジョベールのマルセル・ジョベール。
 
ワイン造りは無農薬・有機栽培農法で栽培された葡萄を手摘み収穫し、マセラシオン・カルボニックを実施して、果実味とフレッシュさをワインに表現。自生酵母を使用して発酵。酸化防止剤(SO2)無添加、ノンフィルターでのボトリング。 そのみずみずしくピュアな味わいはヌーヴォーの域をはるかに超え、「ワインとしての美味しさ」に感動させられる一本です。
なんと毎年完売しちゃうほど、人気商品だとか!

上記のサイトで会員登録すると、定価の15%offの価格で買えるそう!

ドメーヌ M.ラピエール ボジョレー・ヌーヴォー 2015

出典エノテカオンライン

ブドウ果実そのままを食べているような溢れる様な赤系果実の香りと旨味が特徴的。
ふくよかさの中に繊細さと品の良さを感じさせ、エキス分のしっかりとした美味しさがじんわりと広がり、いくら飲んでも飲み飽きする事のない味わい。

ぜひ皆さんが美味しいボジョレー・ヌーヴォーと出会え、素敵な解禁の日を迎えられますように!

この記事を書いたユーザー

zozo このユーザーの他の記事を見る

ワインとおいしい料理が大好き!

得意ジャンル
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス