記事提供:まだ東京で消耗してるの?

すごい作品ですねこれ…。2015年11月4日現在、セール価格でかなり安いのでぜひ。

ショッキングな中絶のリアル

看護学科の高校3年生の×華(ばっか)は母親のすすめで産婦人科医院の見習い看護師として働くことになる。

中絶の現場やその後処置を体験して一時は辞めそうになるが、出産の現場に立ち会い、生まれる命の力強さに感動し、仕事を続けていく決意をする。

「多くの人に教えたい、読んでほしい」回を追うごとに読者からの反響が大きくなっていった感動作、いよいよコミックスで登場!

出典 http://www.amazon.co.jp

あえてここを切り取りますが、ここまで本格的に「中絶のリアル」を描いたマンガはないと思います。重くなりがちで、なかなか手を出しにくいテーマですが、著者の実体験をもとに、淡々と描かれています。

淡々としたトーンが、なんともリアル。

「捨て子」にまつわるエピソードも。どれも重いのですが、この絵のタッチのおかげでしょうか、抵抗感は少なく、すっと入ってきます。

終始淡々とした筆致ですが、それゆえ、現実が伝わってくる感じです。日本の出産と妊娠のリアルを端的に伝えてくれる名著といえるでしょう。やや衝撃も強いですが、高校生くらいの段階では読んでおきたい、教科書的な一冊ですね。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス