11月4日、Twitter社がお気に入りのマークをこれまでの「スター」から「ハート」に変更することを発表。

呼び方も「お気に入り」(favorites)ではなく「いいね」(likes)に変更。今後はお気に入りするという意味で使われていた「ふぁぼる」という名称も「ラブる」「ハグる」になるんだそう。

Twitter社では、システム的な機能はこれまでと同じとしながらも、ハートは「好き、同意、びっくり、笑った、がんばれ」など共感の感情を伝えるアイコンとして、直感的で分かりやすいと説明しています。

しかし、この変更に違和感を感じる人は多いみたい…

Licensed by gettyimages ®

「スター」が「ハート」に変更になったことはもちろん、「お気に入り」と「いいね」では意味合いが違うということもあり、違和感を感じる人は多い様子。

そもそも、Facebookなどに見られる「いいね」に拒否感があった人にとっては、今回の仕様の変更は耐え難いものがあるようです。

海外のツイッタラーにとっても今回の変更はちっともよくないみたいです…。

その後、ハッシュタグにも”#いいねに変わる新しいボタン”が登場

Licensed by gettyimages ®

その後、ハッシュタグにも”#いいねに変わる新しいボタン”が登場。

遊び始めると同時に、Twitter社の実装した「ハートマークのいいね」に変わる新しいボタンが次々と誕生しています。

Twitterユーザーにとっては、日本だけではなく世界でもなかなか受け入れられなさそうな「いいね」ボタン。

今回の不評を受けてfavorite(ふぁぼ)が戻ってくる日は訪れるのでしょうか?Twitter社の今後の対応にも要注目ですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス