自分は「孤独だな」と感じることはありませんか?知人や友達がいないわけではないのに、なぜ孤独を感じるのだろうか?と疑問に思うかもしれません。それは、孤独のことをよく理解していないからそう思うのでしょう。孤独について知っておきたいことをまとめてみます。

孤独と友達の数はあまり関係がない

友だちの数が多いから孤独ではない、とはなりません。

「若者の中に、友達の数は多いのになんとなく孤独だ、と言う人はたくさんいる」

出典 http://getnews.jp

普段よく話す友達はいても、自分の弱みを素直にさらすことができる友達がひとりもいない…ということは普通にあります。そう考えると、寂しく感じることがあります。

自分が弱いとき連絡する相手は一人もいないんです。友達多いと思っていたのに実は一人もいないのかなーなんてなんだかさみしくなってしまいました。

出典 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

友だちの「数」よりも「質」が問題になるようです。よく話す友達がいても、ある大切な部分で「つながりが断たれている」と感じれば、あなたは孤独を感じます。

結婚すれば孤独がなくなるとは限らない

結婚している=孤独ではない、は成立しません。

結婚しているカップルが、お互いの心の奥底にある感情や考え、体験を共有しなくなると、疎外感を覚え、孤独感に襲われるといいます。

出典 http://suzie-news.jp

たとえば、男女の付き合いもそうですね。付き合っているからいつも幸せか?といえば、そうではありません。相手との「壁」を感じると、孤独を感じるはずです。

たとえ結婚していても、相手との関係性の変化で、孤独を感じるようになることがあります。ちょっとした「疎外感」から始まって、それが孤独に発展することもあります。

孤独になると幸福だと感じなくなる

孤独になると、幸福だとは感じなくなります。

孤独は、主観的な幸福感を全体的に低下させる。

出典 http://www.huffingtonpost.jp

人は人間関係が煩わしくて嫌だと思うことがありますが、「人とつながりたい」という強い欲求もあります。その欲求が満たされなくなると、幸福だとは思えなくなります。

幸福を求めると孤独になる

人は、幸福を求めると孤独になるそうです。

人は幸せを求めるあまり自己中心的になり、それが家族や友人、恋人との関係にダメージを与え、結果孤独になってしまう傾向があるそう。

出典 http://irorio.jp

幸せを求めると、どこかに無理や歪みが生じて、人間関係にダメージを及ぼすことになるそうです。自分の利益を追求するあまり、自己中心的になってしまうのでしょう。

幸せというのは結果であって、求めるものではない、ということかもしれませんね。

孤独だとコミュニケーション能力が低下する

孤独になると、当然ですが、コミュニケーション能力が低下します。

全ての人間関係はコミュニケーションによって成り立っているのですが、ひとりぼっちの状態があまりに長期間に渡って続くと苦手になってしまします。

出典 http://xn--h9jd8e.com

コミュニケーション能力は、一度身につけたらそれがずっと維持される…というものではありません。他人とコミュニケーションを取らなければ、徐々に落ちていきます。

孤独は健康を害する原因になる

孤独はカラダに良くありません。

有名な話ですが、妻に先立たれた男性の寿命が短くなるそうです。

出典 http://xn--h9jd8e.com

妻に先立たれて孤独感を深めるタイプの男性の寿命は、短くなります。

睡眠を妨げたり、ストレスホルモンである「コルチゾール」の分泌を増加させて血圧を上げるなど、さまざまな有害な影響をもたらす危険性があるという

出典 http://www.huffingtonpost.jp

血圧の上昇など、直接的な危険があります。また、孤独により心の健康を失うことがきっかけで、カラダの健康も失うというケースもあるそうです。ちょっと怖い話ですね。

まとめ

孤独を感じる人が知っておきたいことをまとめました。

少し、意外に思うようなこともあったのではないでしょうか?中でも、注意しなければいけないのが、孤独が健康を害する原因になるということですね。

特に、持病を抱えている…という人は注意した方がいいと思います。それが孤独によって悪化する可能性があります。人づきあいは大事にした方がよさそうですね。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス