私の夫は保育士です。夫もブログをやっていて、保育園であったおもしろエピソードをブログに綴っているのですが、その中なら「ああ・・・男の子(笑)」なエピソードを集めてみました。(文中に出てくる園児氏名は全て仮名です。)

おバカ男子炸裂

これは少し前の3歳児たちのお話・・・・ある日盛り上がっている3人組がいました。

何や何やとおっさんが注目して見ていると・・・

一人目が「かんちょ~」

するとされた彼が別の子に『ち~ん』すると

仕返しに何故か最初の子に・・・・・『ちーん』

それをエンドレスで

ずっと見ていたらおっさんソワソワしだして・・・・

出典 http://ameblo.jp

一緒にやりたくてやりたくて・・・・たまりませんでした。まぁ大人やし先生やから、し・し・してないけども・・・・・・・・。暑くなると男の子ってアホになるんですかね(笑)

初プールは珍事?チン事がいっぱい??

昨日おっさんの所では初めてのプールが行われました。いや~子どもたちはしゃぐはしゃぐ・・・・朝から

『いつプールなん?』『何時に入るん?』(時間のことわかってないのに(笑))って何回聞かれたことか・・・・。無事プールを終えて着替えの時に事件は起こりました・・・・・

3歳児だったので『おぉ自分で着替えできてるんえらいねぇ~』って誉めようとしたら・・・・・

『何で?』『何でその違和感に気がつかないの??』『ゾウさんが・・・ブリーフからゾウさんが・・・・』パニックになりながらも気を取り直し

おっさんがでツッコミを入れようとした時に

出典 http://ameblo.jp

もうねぇ爆笑したね。

関西人はこうしてつくられる

先日4歳クラスでこんな光景を目にしました。

なにやら鉛筆で相手をツンツンしている男児。そこからあの関西圏では有名な『乳首ドリルすんのかぃ せんのかい』が始まりました。ギャラリーが集まりだすのを見計らった様にひたすら

が繰り返され・・・・もうクラスは大爆笑。二人は笑いをとったあと 気分がよくなったのか去っていきました。関西圏では子どものころから土曜は吉本新喜劇をみながらご飯を食べる。という習慣⦅現在はいつ放映されているのか不明⦆が結構根づいているようで・・・・子どもたちは貪欲に笑いを吸収していっています。大人たちもある程度ノリとツッコミがわかるのでニコニコニヤニヤしながら止めることもせず静観しています。こうして文化って育まれていくんだなぁ~おっと知的になってもうた・・・・

気にしない男現る

これは3歳児クラスのお話です。トイレを見ていると

しばらく追跡調査を試みると何事もなかったようにしているのでひと声かけました。

堂々と彼はこう言い放ちました。

『遊びに行ってきます!!』おっさんが注意すると

出典 http://ameblo.jp

ある意味最強の男児でした。

手をかすと

いや~暑いですね。ある日、龍二君が

と言ってきたので『何??何??』とかしてみると

出典 http://ameblo.jp

何が『な?』や!!!!!!

茂吉さんごめんなさい

先日4歳クラスで鉛筆を危ない持ち方で振り回している子がいました。そこでおっさんは自分の腕に残っている小学生の時に鉛筆で刺された跡を(黒くほくろのようになっている)見せました。

そして・・・・『血が出て病院に行かなあかんようになるから振り回したらあかんよ』と注意しました。すると興味を持った子どもたちが集まり質問タイム。『なぁ 先生それ誰がやったん?』名前が思い浮かばなかったおっさんは

「たしか・・・・もきちくんが刺してん」

『うっわ 悪そうな名前やなぁ もきちって・・・』

『何か虫みたいな名前やな!』

「え?なんで?」

『だって虫のムがついてるやん もきちって』

「む??・・・もですけど・・・」
「っていうか「むついてるやん もきちって」もきち言うてますやん」

出典 http://ameblo.jp

『もし、もんきちが来たら僕たちが鉛筆でやっつけたるからな!!』・・・・もう 名前変わってるんですけど・・・・?それと・・・「えんぴつで」って・・・・おっさんの話聞いてるんか・・・・・。

我が家も男の子が3人いてるので、いつも「あるある(笑)」と思いながら見ています。本当、子供って見ていて飽きないですね!!ナイスな男子園児エピソードでした。

この記事を書いたユーザー

ホリカン このユーザーの他の記事を見る

年中空回っている4児の母ちゃんです☆自身のブログ記事を中心にアップしております。
どうぞよろしくお願いいたします!!
ブログ『空回り母ちゃんの日々』http://ameblo.jp/egaogakawaii88

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス