昨年行われた時には、10万人の動員という大人気だった「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」日本で初めて夜景とマッピングの融合を実現し、その圧巻の世界に多くの人たちが酔いしれました。その「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」がスケールアップして帰ってきます。

東京タワーの展望台で行われる今年のプロジェクションマッピングは、なんと1面だけでなく日本初の展望台全体の360度の窓面を使っての映像投影!

「東京の中心で高さ150m」という立体感ある夜景が楽しめる東京タワーの環境と、大展望台のタテに4段並んだオリジナリティある窓の形状を生かし、上2段の窓ガラスにのみ、透明特殊フィルムを貼ることによって、東京夜景の上空に3Dプロジェクション映像を映し出し、下2段の窓ガラスからは、実際の夜景を楽しめるという、東京タワーオリジナルの夜景マッピング空間が誕生します。

出典 http://www.tokyotower.co.jp

月が輝く冬の夜に少年が夢の世界を旅するストーリーは、夢と現実が混ざり合う不思議な世界感を演出。空飛ぶイルカに誘われてたどり着いた先には、スノークリスタルが降り注ぐ美しく楽しい夢の都市が出現。フィナーレでは360度全面に花火が上がります。

出典 http://www.tokyotower.co.jp

また、東京タワーだけでなく、あべのハルカス、名古屋テレビ塔のほか、札幌、横浜、福岡、京都などで順次開催する予定です。あべのハルカスでは海遊館と、名古屋テレビ塔では名古屋港水族館と連動するなど、各地によって様々な展開が期待できそうです。

こちらは前回行われた「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」の動画です。思わす息を飲んでしまう美しさ…現実なのか夢の世界なのか、わからなくなってしまいそうです。

出典 YouTube

最近は各地でプロジェクション・マッピングが行われていますが、360度の世界しかも実際の夜景とプロジェクション・マッピングのコラボは、これまでのものとは全く違う世界を感じられて特別な時間を過ごす事ができそうですね。


「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」は、特別な料金は必要なく、展望台への入場料だけで見る事ができます。2016年3月からは、桜をモチーフとした春バージョンがスタート。一足先に夜桜を体感できる空間へと変身します。これはもう、行くしかないですね。

〜東京タワーでの開催詳細はコチラ〜

「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA 2015-2016」

2015年11月13日(金)~2016年4月3日(日)
18:00~22:30 ※季節によりスタート時間が遅くなります。
東京タワー大展望台2階

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス