男性の方があふれている中国。実は”ある特定の業界”にとってはこの状況が幸いしているのです。現代中国の孤独な男性たちが殺到する市場?筆者はこれを聞いて、ちょっぴり寂しいですが・・・そおっと覗いてみましょうか。

空前の好景気?

Licensed by gettyimages ®

いいんです、”女”性ならば・・・

現在中国でにぎわいを見せている市場。それはアダルト市場なのです!とりわけ”ダッチワイフ”業界はノリに乗っているとか。

「中国の若い男性によって、恋人探しは難題だ。彼らがダッチワイフを求める理由はそこにある。」

出典 http://sp.recordchina.co.jp

そう語るのは、そのテの業界の関係者。業界の当事者からお墨付きをもらうほど(?)、中国人男性にとって恋人を作るのは一苦労らしいのです。となると、自然”そちらの方面”に向かわざるを得ないわけで・・・思わぬ市場拡大に、業界は活気づく一方の模様。でも性に関しては大変厳しいというイメージのお国柄。なぜ中国の男性たちはその方面へ目を向けているのでしょうか?

アンバランスの功名。

Licensed by gettyimages ®

思わぬ理由で盛況・・・

 中国の男女比は、極端なアンバランス状況。長年推奨されてきた一人っ子政策に加え、もともと子供は女子より男子を好むお国柄であるため。現在中国の人口における男女比は、116対100。少ない女性をめぐって競争を繰り広げているであろう(?)状態なのです。

これでは女性と付き合うまでになかなか至らない男性たちが、代わりになるものに向かうのは、半ば仕方のないことかもしれません。もはや形だけでも女性ならばいい。そんな寂しい叫びが聞こえてきそうな感じです。

この市場でも世界一?

出典 http://www.chinanow.jp

これもまた中国です。

男性がどうしても余ってしまう世界。ダッチワイフをはじめ、中国では実はアダルト産業全体が活気にあふれているのです。「中国セックス文化大革命」の著者、邱海涛氏によると、

「中国のアダルトグッズメーカーは3000社を超え、市場規模は今や1兆円に迫ると推測されています。」

出典 http://www.j-cast.com

とのこと。中央政府の統制も当然あるのでしょうが、男性市民はそんなことにはもちろん(!)お構いなし。更に「中国人の取扱説明書」の著者、中田秀太郎氏はこう語っています。

「非合法ですが、中国にも性産業が存在します。上海だと、本番ありのデリヘルが600元(約9900円)ほどです。サウナといって、大浴場で汗を流した後、個室に案内されて女性と一戦を交える風俗店もあります。上海なら650元(約1万725円)からが相場です。」

出典 http://www.j-cast.com

 なにせ中国は広州駅近くにある幾つかの問屋街は、世界最大のアダルトグッズ問屋街。別名“性地”と呼ばれているほどです。性にお堅いというのは、中国に対してのあくまでも表面的なイメージのようで・・・やはり人間て、男性って、どこの国や地域でも同じ。そう思うと、ちょっぴり微笑ましような気もします。そんな男性たちに、巨大アダルト市場は支えられているのです。

中国男女比が極端にアンバランスな中国に生きる男性たち。恋人探しに疲れたら、そちらの方面の欲を満たすグッズのアレコレに走るのはむしろ健全といえるかも。

男女均衡実現の折には・・・

Licensed by gettyimages ®

男女比の均衡後は・・・?

 つい先日発表された、 一人っ子政策の撤廃。このおかげで中国でも、いつしか男女均衡は実現することでしょう。長~い年月をかけて・・・そうなったとき、この国のアダルト市場はどうなるのか。筆者が思うに、長年の”クセ”は手放せないのでは?

 ちなみに、北京のアダルトグッズ店に横たわる”女性”の値段は約30万円。いつしか恋人に事欠かない世の中なっても、男性は本能から逃れることは難しいでしょうか?一人っ子政策廃止の行方にそちらの業界関係者はもちろん男性たち自身も、内心興味津々かもしれません。(笑)

 あっ、これを読んで中国に行こうと思った日本人男性の皆さん。恋人や奥様に後ろめたい気持ちにならず、行くのだったら堂々と!中国人男性に負けないように・・・(笑)

この記事を書いたユーザー

Maggie Cheung このユーザーの他の記事を見る

香港、台湾、中国そしてタイが大好きで、アジアをこよなく愛する心の旅人。英語は仕事で、中国語は趣味。スピリチュアルや占いにもちょっとうるさいライター。自身のレーダーがとらえた情報を、考察をまじえつつ発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス