世の中には昆虫をおやつに食べる人だっているし、ゲテモノ喰いと呼ばれる人も確かに存在します。そんな中、筆者の住むイギリスで、しかも筆者と同じ街に暮らす3人の母親が、出産直後に自分の胎盤をナマで食べたというから仰天です。

胎盤ってほんとに体にいいの!?

Licensed by gettyimages ®

プラセンタとカタカナで言うと「お肌によい美容液」を思い浮かべますよね。でもこれが実際の胎盤(プラセンタ)となると、果たして口にすることが健康にいいことなのか、と筆者は思ってしまいます。というより、例え自分の胎盤でもグロテスク過ぎて口にしたくありません。

ところが、ハリウッドのセレブの間では「胎盤食」というのに興味を持っている人が多いようです。イギリス在住のジェニファーさん(31歳)は、妊娠前には月経前症候群(PMS)に苦しんでいました。そして出産後は、産後うつになるのではと心配に。

胎盤を食べることで体調不良が改善するという話を聞き、チャレンジしてみることに。ミッドワイフ(助産婦)にも相談し、出産直後の胎盤を食べることに前向きになれたそうです。

こちらが胎盤をナマで3回も食べた女性、ジェニファーさん

出典 http://www.mirror.co.uk

3人のママであるジェニファーさん。初めて長男を出産した時、夫で消防士のトビーさんが彼女の胎盤をお皿に載せて運んできました。細かく刻まれた血が滴るスポンジのようなものを見て、まるでレバーだなとジェニファーさんは思ったそうです。

ほんの数分前に自分のお腹から出て来た赤ちゃんを包んでいた胎盤。匂いも色も相当なもの。それを口に入れて「まぁ、食べられないことはないわ。」と思ったジェニファーさんでしたが、血の味が強かったためにオレンジジュースで飲み下したそうです。

7歳、5歳、3歳の子供の胎盤をナマで食べたが…

Licensed by gettyimages ®

一度乳腺炎になっただけで、産後うつにもならず子育て最初の1年目を順調に過ごせたのは、この「ナマ胎盤」のおかげかもとジェニファーさんは言っていますが、実はその後の研究で、胎盤を出産後食べても科学的に何のメリットもないことが証明されたのです。

胎盤を食べることは滋養強壮、老化防止、産後の貧血や抜け毛対策、母乳分泌不全の改善、うつ病対策、更年期障害防止など様々な効果があると謳われていました。でもアメリカのリサーチでそれらが全く根拠のないものだということが、実験により明らかになったのです。

食べたい人は自己責任で

Licensed by gettyimages ®

出産後の胎盤を食べたからといって、体に害があるわけでもないようですが、食べても効果がないということが明らかになったのであれば、今後食べることを専門家からは薦めないということになりました。

ただ、どうしても食べたいという場合はあくまでも自己責任でということだそうですが、あなたはどう思いますか?筆者は、市販の美容液で十分だと思ってしまいました。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス