我が家の叱るポイントはたった3つ!

我が家では、子どもを叱るポイントが3つあります。1.暴力を振るったとき。叩いたり、蹴ったり、突き飛ばしたり、物を投げたりしたときです。2.大怪我や命に関わるような危ないことをしたとき。3.食べ物で遊んだり、食事中のマナーが悪いとき。以上です。

この3つに関しては幼い頃からことあるごとに子どもたちにも言い聞かせています。

まず止めさせる

上記の3つは、やった時点で即「だめ!!」を出します。まずその行為を即座に止めさせたいからです。「どうしてこれをしたの?」なんて理由を聞くのは後、とにかくすぐに叱ります!

子どもを叱るポイントはこの3つで今は充分だと思っています。でもたかが3つなのに、うちの子はとにかく食べるのが遅くてそのうち食べるのに飽きて椅子に横向きに座ったり、ごはんをつついて遊んでたりが多く毎日ほんとにまぁよく怒鳴っています私。笑

1歳の末っ子も最近は活発になり、長男長女の真似をして高いところに登って飛び降りようとしたり階段も勝手に上がっちゃったり玄関の鍵もあけちゃいます…気に入らないことがあると長男長女に噛み付いたりすることもあり「だめーーーーーやめてーーーーー!」の連続です。。

でも、1歳の末っ子もすでにこの叱られるポイントは理解しているように思います。悪さをする前にチラッとこちらを見たり、噛み付いたりして長男長女が声をあげると咄嗟に隠れたりするからです。まぁ1歳だろうが末っ子だろうが容赦なく叱りますけどね。悪いことは悪いんです!

理由があってもダメなことは先に叱る

長男が積み木を上手に積み上げて高くする遊びをしていたときのこと。積み上げても次男が崩しにきてしまい「やめて!」と声をあげていました。その時点で次男には注意をして近寄らないように見ていたのですが、ふと目を離したすきに次男が突進して崩してしまい怒った長男が次男を軽く突き飛ばしたことがありました。どちらも大泣き。次男が(そして私も)悪かったなぁ…それは分かっていましたが私はまず「突き飛ばしちゃだめ!」と長男を叱りました。

長男が「ごめんね」をした後で「分かってるよ、次男くんが悪かったよね。頑張って作ってた積み木を壊されて嫌だったよね、ママも守れなくてごめんね。でも突き飛ばしたり叩いたりしたら絶対にだめなの!ママがちゃんと怒るからにお口でやめてって言ってママに言いに来てね」と話した後で次男も叱り「ごめんね」させました。

「ごめんなさい」ができたらおしまい

叱る時間はとにかく短いほうがいいと思います。なので何かあって叱っても「ごめんなさい」が出たら「はい、じゃあおしまい」で終わりにするように心がけています。叱られる!と分かってしているときは「ごめんなさい!」が叱る前に飛び出してくることもありますが「そうだね、今のはママ(パパ)怒るって分かるよね。絶対にだめだよ」で「おしまい」にします。

叱り終えた後は「おしまい」と伝えるようにもしています。でないといつまでもママやパパが怒り続けているんじゃないかと子どもが不安に感じてしまう気がするからです。おしまいの後は声のトーンも変えて普通に戻るようにしています。

「ママやパパは、あなたのことが嫌いで怒るんじゃないよ、してはいけないことをしてしまったそのことだけを怒っているんだよ」と伝われば良いと思います。

親がしっかりと叱るポイントを守ることが大切

これらの叱るポイントですが、これはもちろん私達、親もしてはいけないことでなければなりません。例えば「叩いちゃだめ!」と教えている私が手をあげれば、それは矛盾であり大きな嘘になって子どもを混乱させるからです!

そしてパパとママがそのポイントを共有しておくことも大事だと思います。ママが「ダメ!」って叱ったあとにパパが「いいよ」なんて言ったら、パパとママが対立してしまいかねません。笑 ただパパとママが同時に強く叱ることはしないように気をつけています。

もしもパパが叱ったならば、私は何も言わず見守ります。そして「なんて言うの?」と「ごめんなさい」を引き出してあげるよう手助けもします。そして最後に「パパもあなたのことが大好きだから怒りたくて怒ってるわけじゃないんだよ、ダメなことをしたから叱られたんだよね。ママもそれはダメだと思ってるよ。もう分かったよね、じゃあおしまい」とパパもママも同じことで叱っていると伝えます。

私が叱ったときも、パパが「もう分かったよね」と話した上で「ちょっとお散歩行こうか」とその子を連れ出し「ママは◯◯(子どもの名)のことが大好きなんだよ」と話してくれていたりします。

叱るポイントが決まっていて、親がそれを守り正しく叱れば子どももちゃんと分かってくれるような気がします。

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら