10月はピンクリボン運動の月でした

10月はピンクリボン運動月間でした。
北斗晶さんが乳がんを告白し、例年よりもピンクリボン運動を意識した人が多かったのではないでしょうか。

まだある「リボン運動」

リボン運動はピンクだけではないのはご存知でしょうか。
今回は、色々な「リボン運動」のカラーを内容と共にまとめてみました。

オレンジリボン

今月11月はオレンジリボン運動月間です。

オレンジリボンとは、児童虐待防止運動のシンボル。日本では、虐待で死亡する子供は1週間に1人といわれ、この不幸を根絶しようという運動は年を増すごとに拡大している。厚生労働省は毎年11月を児童虐待防止推進月間に定め、各都市・各地域をリボンのオレンジの色で埋め尽くそうという計画を推進している。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

オレンジリボンは「児童虐待防止月間」です。
オレンジというカラーは、実際虐待に遭い、里子となった子供たちから募り、決められたのだそうです。無意識の内にあたたかさを求めたのではといわれています。

ブルーリボン

ブルーリボンは複数の運動があるカラーです。

•ブルーリボン運動 (反検閲運動)-アメリカ合衆国発祥のインターネット上における言論の自由を守るための反検閲運動。

•ブルーリボン運動 (北朝鮮拉致問題)-北朝鮮に拉致された日本人(日本人拉致被害者)を救出するための団体。日本の運動体。

•ブルーリボン運動 (受動喫煙防止運動)-1999年にカナダで始まった受動喫煙防止運動。

•ブルーリボン運動 (神経線維腫症)- 私は神経線維腫症を正しく認識し、神経線維腫症の方を不当に扱ったりしない、という意味がある意思表示。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

日本では、拉致問題についてのブルーリボン運動が一番知られているかもしれません。
日朝首脳会談で、当時の小泉首相が付けたことでも知られています。

グリーンリボン

グリーンリボンはアメリカから広がった運動です。

世界中で使用されている移植医療手術のシンボルマーク。キャッチコピーは「話そう。大切な人と。(We talk)」
緑は「成長と生命のつながり」を意味していると言われ、臓器提供者と移植が必要としている待機患者の「いのちの繋がり」という意味をこめてつけられたという。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

これを身につける事により、臓器移植についての正しい理解と、ドナーやドナーの家族への敬意を表しています。
また、環境保護のシンボルマークとしても知られています。

レッドリボン

レッドリボンは最も歴史あるリボン運動です。

レッドリボン(英:red ribbon)は、アメリカ合衆国を発祥とする、薬物乱用の防止、AIDS に対する戦い、両方の象徴(シンボル)たる、赤のアウェアネス・リボンである。
最初、アメリカ麻薬取締局(DEA)の Enrique S. Camarena 捜査官がメキシコのグアダラハラにおける潜入捜査の最中に誘拐され、拷問され、レイプされ、殺害された後に初めて使用された。彼の故郷であるキャレキシコ市 (カリフォルニア)(英語版)の市民は、より多くの予防の努力の必要を強調するためにレッドリボンを着用した。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

アメリカでは毎年10月の最終週をレッドリボン週間として、麻薬やアルコールの乱用防止を謳い、教育の一環として小中学生にレッドリボンの着用を推進しています。

ホワイトリボン

ホワイトリボンも複数の社会運動があります。

•開発途上国における妊産婦の命と健康を守る運動

•男性が男性に対し、男性による女性への暴力(特にドメスティックバイオレンス)を止めようと呼びかける運動

•自分がセクシュアル・マイノリティ(性的少数者)であることに苦しみ自殺してしまう若者を救うための運動

•“対テロ戦争”を標榜する報復攻撃を止めようと呼びかける運動

•2011年ロシア下院選挙に対するプーチン政権への抗議の意味を表す運動

•ブラック企業を社会的に追い詰め、撲滅をよびかける運動

出典 https://ja.m.wikipedia.org

混じり気のない「白」というカラーに願いを込めた運動が多いです。

イエローリボン

イエローリボンは、世界各国で使われるリボン運動ですが、アメリカで最も広く使われています。ここでは日本でのイエローリボンを紹介します。

•NPO日本障害者協議会が、国連で採択された障害者権利条約の日本国内への普及、障害のある人びとの社会参加の推進運動のシンボルマークとして活用している。

•福島第一原発事故以降、脱原発・脱原子力を願う意味で使われるようになった。

•アメリカにおける本リボンの由来から、海外や災害現場などに派遣された自衛官の無事帰還を祈る意味で使われている。

出典 https://ja.m.wikipedia.org

日本では日本では障害を持つ方々の社会参加を支援する運動として知られています。また、脱原発や、アメリカの運動の由来から自衛官無事帰還を祈るカラーとされています。

いかがでしたか

ほかにもまだまだリボン運動はありますが、今回は上記の6つをご紹介しました。よく知られているピンクリボンだけでなく、たくさんのカラーで社会運動をまとめ上げているのですね。この機会にリボン運動に興味を持ち、知識を深めてはいかがでしょうか。

こちらの記事もどうぞ!

この記事を書いたユーザー

Touko このユーザーの他の記事を見る

2人の娘を持つ母親です。プチプラな情報に敏感。しまむらなどのプチプラなお店が大好き。なのに元百貨店販売員(笑)

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス