2015年9月6日に開催された東京JAZZ FESTIVALでの”水着ライブ”が話題となり、一躍時の人となったジャズピアニスト・高木里代子さん。

出典 YouTube

最近はテレビへのゲスト出演も増え、さらにその知名度が高まっている高木さんですが…一体なぜ彼女はセクシーすぎるジャズピアニストになっていったのか?

そこにはこんなライフストーリーが隠されていました。

【異例の水着ライブ!実力派ジャズピアニスト・高木里代子が”一肌脱いだ”理由とは】

東京で生まれ、4歳でピアノを始めた高木さん。慶応義塾大学に進学した彼女は在学中に演奏活動を始め、ジャズを柱にしながらも現代感覚を積極的に取り入れたサウンドやステージで、新進気鋭のピアニストとして高い注目を集めます。

2008年にはソロ活動と並行して音楽ユニット「Inner City Jam Orchestra」に参加。高木さん作曲のオリジナル作品「SAKURA」や「空~story~」はコアな音楽ファンにも評価され、有名レコードショップで3週連続チャート1位を獲得するなど、その才能は以前からいかんなく発揮されていました。

出典 YouTube

出典 YouTube

2014年には日本のジャズの殿堂・Blue Note Tokyoにも出演するなどすでにその実力が充分認められはじめていた高木さんでしたが、

出典 YouTube

華々しい活躍の一方で、同時に彼女の頭にあった存在は「ジャズファン以外の人たち」。

彼女は以前からジャズとはまったく違うポップソングの演奏動画もYoutubeにアップするなど、ジャズの世界に触れてもらうきっかけを積極的に作っていく、そんなアーティストの一人でした。

出典 YouTube

出典 YouTube

そして訪れた2015年9月の東京JAZZ FESTIVAL。

彼女はこんな理由から、異例の”水着ライブ”を敢行します。

ステージの演奏セットリストを考えだした頃、私の出演する場所が野外であったこと。それと、毎月定期的にやっている普段のジャズライブの雰囲気とは、ひと味違うサプライズを、音でも視覚でも、皆さんにあげたかった。

出典 http://promo.search.yahoo.co.jp

あの地上広場は、ジャズファン以外の一般の方もいらっしゃる場所と知っていたので、単純に「まず瞬発力で目線をつかみ、その後音楽でド肝を抜いて、終わる頃にはみんなGrooveにカラダを揺らして楽しめちゃった」みたいな、良い意味で、"ジャズ特有の理屈"は、一切いらずに楽しめるエンターテインメントを狙いたかった。

出典 http://promo.search.yahoo.co.jp

ジャズの人達を一瞬、敵に回してしまうことになったとしても、最終的には、"ジャズ"の素晴らしさを伝える架け橋になることを目指したい。

出典 http://ameblo.jp

…あのセクシーな水着ライブは、実は一人の才能溢れる女性の音楽に対する熱意から、生みだされていたものでした。

…ちなみに2016年にはジャズアーティストとしてメジャーデビューも決まっている、高木里代子さん。

音楽に対する彼女の”愛情表現”は、きっとここからが本番です。

ジャズを土台にしながらも広く、ジャズファン以外の人たちにも新しい楽しみをあげたい。大きな夢をみるなら、私たちの試みが突破口になって、日本のミュージックシーンが、J-POPやアニソン以外でももっとにぎわい、ジャズ界もポップ界も底あげされたらうれしい。

出典 http://promo.search.yahoo.co.jp

市場全体がザワザワ盛り上がって元気になるのが、私の描く一番の夢です!

出典 http://promo.search.yahoo.co.jp

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

小娘 このユーザーの他の記事を見る

twitter→ @drifter_2181 / 1983年生まれ。北海道在住。2012年にブログ「小娘のつれづれ」をスタート、2014年からはフリーライターとしても活動。デビューから応援しているアイドルの再評価をきっかけに、新規 / ライトファンを意識したエンタメ記事を日々研究しています。

得意ジャンル
  • 音楽
  • 話題
  • テレビ
  • カルチャー
  • エンタメ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス