スターウォーズの絵本といえば、ダースベイダーがもし普通の親子で子育てをしていたら…というなんとも可愛らしい設定の絵本「ダースヴェイダーとルーク(4才)」が印象的でしたよね。

第二弾のレイア姫の子育て本や…

2人の寝かしつけをするために絵本を読むお話なんかもありました。

第四弾では仲間たちと一緒の絵本も登場、映画を知らない人も楽しく読めるし、映画を知っていると更に魅力的な場面が沢山ある大人気のシリーズです。

今回の絵本はウーキー(チューバッカ)が主役!

今回発売されたのは、全世界で5,800万部以上も売れているという、38言語30ヶ国で愛読されている絵本「ウォーリーを探せ」をオマージュしたもの。

タイトルもそのまま「ウーキーを探せ!」

ウォーリーを探せと同じく、細かく書き込まれた中からウーピー(チューバッカ)を探すのですが、読者は帝国に雇われた賞金稼ぎとしてチューバッカを探すというなんともブラックな設定。

「犯罪者であるチューバッカを探せ!おそらく協力者であるハン・ソロも近くにいるはずだ」という指令の元、隠れているチューバッカを探し出します。

絵本にはスターウォーズの住人がたくさん!

映画を知らなくても楽しめますが、映画を知ってるともう興奮しちゃう細かな細工も沢山。

ジャワの市場や森林衛星エンドア、デススター内部など、ワクワクする場面に細かく書き込まれた背景と登場人物達。これは、難易度高いです!

森林衛星エンドアはイウォークが多く住んでいるので、もう全面茶色(笑)これはもう、なかなか見つからないっ。

なんと全部で40ページもあるので、全部のチューバッカを見つけるのは大変かも!現在は英語版しか発売されていませんが、英語がわからない人や小さな子供でも、全く問題なく楽しめちゃいます。

マニアックな人気というわれるチューバッカですが、ファービーとのコラボのファーバッカが発売されたりと、意外に活躍しています。

絵本でひたすらチューバッカを探していたら、更に愛着が湧いてしまいそうですね。

現在は国内での販売はありませんが、USAアマゾンで購入できますので、ぜひ挑戦してみてください!

こちらの記事もおすすめです

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

愛犬と一緒に、海を眺めながら暮らしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス