日本でも警察官の不祥事が報道されることがありますが。全くしょうがないなあと感じても、こらしめようとまでは思わないでしょう。でも中国ではチャンスとばかりにこらしめてしまったという事件がありました。そのあらましとは・・・

逆ギレ?

Licensed by gettyimages ®

快適走行中・・・

中国は海南省海口市。規定以上の積み荷を積んだ過積載トラックを警官が発見。すぐに停止を命じましたが・・・トラックは検問を強行突破しそうな模様。なんとか停車させ、積み荷を降ろさせようとしたところ。ドライバーは逆ギレ。そしてなんと・・・

チャンス到来?

Licensed by gettyimages ®

遊びならいいのですが・・・

いきなり荷台の扉を開いたのです!当然そばにいた警官は、一気に落ちてきた大量の砂利にたちまち埋まってしまいました・・・周囲の警官らが慌てて掘り返すも、埋まってしまった警官は、30分以上も砂利の中。助け出されたときは、ドライバーを逮捕どころではなかったようで。一命をとりとめ、ホっと・・・

後始末もたいへん。

Licensed by gettyimages ®

批判の対象はいつも・・・

 一歩間違えば大きな殺人事件。さすがにやりすぎだとの意見も寄せられています。せっかく運んでいた砂利もあたり一面に・・・始末も大変です。警官の命に別状はなかったものの、素直に荷卸しすれば済むことです。悪態をつくくらいなら仕方ないでしょうけれど。

うっぷんを晴らしてくれた。

Licensed by gettyimages ®

批判の対象にもなる。

 実はこの事件に関して中国国民の反応は・・・

「よくやった!」「交通警官なんざ埋めて当然」「掘り返せないようにもっとちゃんと埋めなきゃ」「過積載をやらなきゃもうからない。そういうふうにしている国が悪い」「罰金取るのが目的なんだろ。ひどいやつらだ」

出典 http://www.recordchina.co.jp

といったものも、かなり多かったのです。日頃から、なにかと難癖をつけては罰金を取る存在と、警官が嫌われていることが背景にあるようですが。日本でも、運転中に突然物陰から出てきた(!)警官に停められ、スピード違反だといって名前をかかされたり罰金をとられたり・・・そんな悔しい思いをした方、いらっしゃいますよね?

 中国でも似たような唇噛む思いを経験した人が、多数いる模様。今回の事件は、自分たちに代わってかのドライバーが仕返しをしてくれたと、うっぷんを晴らしてもらったような気分になったのでしょう。

ほどほどに・・・

Licensed by gettyimages ®

封鎖くらいですんだ・・・

 今回は道路封鎖程度ですんだようですが。中国でも、交通警官の仕事は苦労が多いようで・・・仕返し、憂さ晴らしも時と場合により、ほどほどに・・・ですね!皆さんも理不尽に罰金をとられてしまったときは、過ぎてもせいぜいパトカーのドアを蹴とばすくらいにしておきましょう・・・(へこんだ分の修理代を請求される可能性ありですが。)

この記事を書いたユーザー

Maggie Cheung このユーザーの他の記事を見る

香港、台湾、中国そしてタイが大好きで、アジアをこよなく愛する心の旅人。英語は仕事で、中国語は趣味。スピリチュアルや占いにもちょっとうるさいライター。自身のレーダーがとらえた情報を、考察をまじえつつ発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス