出典 http://shiomura-ayaka.com

読む前に皆さんに断っておきます。この記事はとても残酷で悲しい現実を写真付きでお届けします。書くべきか写真を載せるべきか迷いましたが、口でいうだけ・想像するだけでは分からない本当の現実を皆さんに知って頂きたく今回、書くことに決めました。

先進国といわれる日本が年間約17万頭もの犬や猫が、心ない人々のエゴにより殺処分されています。殺処分の方法は二酸化炭素ガスを用いて、数分間もがき苦しむ窒息死。この画像はまさに今、殺処分が開始される時を待つ犬達の写真です。

出典 http://shiomura-ayaka.com

東京都都議会議員・塩村あやかさんはこの殺処分を含め多くの動物愛護に関連した活動を行っています。塩村さん一行はTOKYO ZEROキャンペーンにて、某自治体の視察を行いました。そこで見た殺処分のリアルな現実をブログに綴っています。

時間になると、職員が檻の中にある水と最後の餌の器を下げに入る。犬達は職員を威嚇することもなく、視察メンバーの私たちをジッと見たり、近づいてきたりする。どの子も普通にそのあたりで飼われてそうな様子で、胸が痛む。どうして、ココにいるの、こんな運命になってしまったの・・・と思う。

出典 http://shiomura-ayaka.com

出典 http://shiomura-ayaka.com

塩村さんご自身もこの現実をブログに載せるか悩まれたそうです。しかし、動画でないこと、皆さんに現状を知り命の大切さと重みを考えて頂きたいという想いが伝わりますようにと掲載することを決めたそうです。

首輪が約半数の犬についていることが確認できた。飼われていた子達。無責任な飼い主のせいで、「今日、死んでもらう」ことになってしまった。私はどんな事情があるせよ、新しい飼い主を探すことや、信託を用意しておく、鑑札や名札、マイクロチップの挿入など、出来ることがあったにも関わらずしていない飼い主に言いたい。「殺される責任は飼い主に大いにある」と。

出典 http://shiomura-ayaka.com

飼い主の方も決して、安易になど殺処分を選んだりはしてないのかもしれません。悩み、苦しみ、そして、選択しているのかも。でも、この子達に何の罪があるのでしょうか?なぜ、命を簡単に捨てられるのでしょうか?と思ってしまいます。

保健所に連れてこられた犬や猫は、恐さから尻尾が垂れて後ろ足の間に挟み込まれています。耳をふせ足をすくませ、ブルブル震えながら収容棟へと引っ張られて行きせつない声で鳴き叫びます。

出典 http://shiomura-ayaka.com

殺処分開始、ガス注入のボタンが押された・・・苦しさのあまり上を向く犬達。塩村議員一行は最後まで一部始終を見届けました。

二酸化炭素ガスなので、どんどんと空気がなくなる。そう、窒息させているのと同じはずである。人間も首を絞められたら苦しい。その状態。個体差があるようで、他の子が倒れても苦しそうに喘いでこちらを見ている子がいた。そして、最後にこちらを見ながら倒れた。窒息で意識を失った。全ての子が倒れたあと、確実に致死させるために、扉をしめたまま15分ほどガスの濃度を保つ。

出典 http://shiomura-ayaka.com

この間に痙攣をしている子がいる。このときはもう、苦しくはないはずである。しかし、それ以前の倒れる前後はどうなのだろうか。私にはとにかく苦しそうに見えた。「安楽死」では決してないはずである。「死亡」の瞬間は意識がないので苦しくないかもしれないが、それまでは苦しいはず。

出典 http://shiomura-ayaka.com

ペットをとりまく状態をみると、先進国にあるまじき状態になっている。
近視眼的な施策はビジネス優先の日本社会と政治において、ダメにされてしまう。多くの愛護の方はいい人であり、そこを利用されていると感じる時も多い。
本質を見抜き、抜本的な施策を展開していかなくては次回法改正は手遅れになってしまう。そして、今日「処分された罪なき命」が報われない。

出典 http://shiomura-ayaka.com

今、一度命について考え直しませんか?捨てていい命なんてありません。殺していい命なんてありません。死ぬ直前まであなたを誰よりも愛してくれる犬達の命を左右する権利はいくら飼い主だからといってもないのです。これから、犬を飼う予定の方、犬を飼おうかと考え中の方、もう一度、命を預かるということがどういうことか、生涯を共にできるのか考えて下さい。犬と共に生きることに責任を持てますか?可愛いから、寂しいから一瞬の感情で安易に飼うことを決めるは考え直しませんか?

ただ、全国には持ち込まれた動物を処分するだけの施設ではなく、動物の命を救うための前向きな取り組みをしている施設もあるそうです。実際、保健所に連れていくと殺処分されることを知らない方々も多くいます。不妊去勢手術の徹底、犬のしつけに対する教室を開催したりいています。しかし、問題も山積み。数々の問題が具現化され、今までに「処分された罪なき命」のためにも「殺すための施設ではなく」「命を救うための施設」が増えることを願ってやみません。 ご訪問ありがとうございました。

こちらの記事も合わせてどうぞ♩

この記事を書いたユーザー

パトリシア このユーザーの他の記事を見る

主にスポットライトで書かせて頂いています。
ありがとうございます。
Twitterアカウント開設しました。
よろしくお願い致します。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス