昨年、美術学校を卒業したばかりの…アメリカ人アーティスト“Heather Rooney(22歳)”さんが描くハイパーリアリズムアート。これが驚きのクオリティだったので紹介したいと思います。

色鉛筆アート、そして、ハイパーリアリズムアートの世界に、彗星のごとく現れた“Heather Rooney”さん。下書きはそこそこに…

卓越したテクニックで…色付けをしていきます。

細かく丁寧に色を塗り重ねることによって、絶妙なグラデーションを演出。すると…まるで魔法のように、白いキャンバスから…

人物が浮き上がってきます。

これが、色鉛筆のみで描かれているなんて…

とても信じられませんよね。

小さい頃から絵を描くのが好きで、毎日絵を描いていたという“Heather Rooney”さん。

なお、美術学校には入学したものの、ほとんど“独学”で絵を学び、今のスタイルを築きあげたという彼女。

では、色鉛筆の底力を見せ付けられる…驚異の制作風景。ご覧下さい!

出典 YouTube

白いキャンバスに突如浮き上がる…リアルすぎる選手たち。なお、他にも有名人を描いた作品を何点か抜粋しましたので、その驚きのクオリティ…ご堪能下さい!

リオネル・メッシ

フロイド・メイウェザー・ジュニア

マイケル・ジャクソン

ロビン・ウィリアムズ

いかがでしたか?

馴染み深い“色鉛筆”だからこそ、驚異的なテクニック、そして、その素晴しさが如実に伝わる…“Heather Rooney”さんの色鉛筆アート。これはお見事!としか言い様がありませんね。

リアルを通り越し、もはや、写真そのものと言っても過言ではない…美しき作品の数々。興味を持った方は是非、彼女のInstgram。チェックしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス