10月27日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系、火曜よる9時)に“くみっきー”こと舟山久美子さんが出演。「実家貧乏でした芸能人」として登場し、驚きのエピソードを明かしました。

若い女子に圧倒的人気を誇るカリスマモデル

10代から20代前半を中心に大人気のモデル「くみっきー」こと、舟山久美子さん。身長は155センチとモデルの中では小柄ですが、プロポーションの良さからテレビや雑誌で見ると、もっと背が高く見えますね!

デビューから2014年まで「Popteen」で華々しい活躍をしてきた彼女も24歳。そんな人気絶好調のくみっきーが「実は幼少時代、実家が超貧乏だった」と告白したのです。

裕福な生活が一変する…

もともと父親は建設会社を経営していて自宅も大豪邸でした。テレビで紹介された子供の頃住んでいた家は、大きな門が見えていて、その豪華さがうかがえました。

当時はバブル全盛期で両親も羽振りがよく、何不自由ない豊かな生活を送っていたそうです。

それが、あるとき父親の会社倒産によって生活は一変します...。

4000万円もの借金を抱えていた

父の会社の倒産によって、家族に残されたのは、なんと4000万円もの借金でした。

くみっきーいわく、最も辛かった時期には、水道が止められてしまい、スーパーの冷水機まで行ってペットボトルに水を汲む日が続いたこともあったそうです。

また、当時学校ではSPEEDやEXILEなどのアーティストが人気を集めていたそうですが、テレビが無いため分からないくみっきーは「家電売場でテレビを鑑賞していた」という涙ぐましいエピソードも話していました。

モデルとしては絶好調!でも私服は安く。

モデルとしてはデビュー当時からスターダムを駆け上がっていたくみっきーですが、少しでも稼いだお金を家族の借金返済に充てるため、できるだけ切り詰めた生活をしていたと言います。

洋服もファストファッションの「しまむら」で、安価なものをうまくコーディネートしてモデルとしての体面を保っていたそう。

そして、そのような健気な努力もあって、2年前にその借金を完済したというのだそう。

番組放送後、自身のブログでも貧乏時代について・・・

幼少期、恥ずかしい事だと
思ってたけど
貧乏だった事により
たくさんの事をより敏感に
感じる事が出来て今の私が居ます😊

出典 http://lineblog.me

くみっきー自身も感じているように、当時の生活が、今のセンスの良さの原点になっているのかもしれません。

デビュー当時こそギャルのカリスマとして一斉を風靡したくみっきーですが、そんな彼女も24歳を迎えて、どんどん大人な女性としての魅力を増しつつあります。

「ナイナイアンサー」ではこれまでと違ったメイクやファッションで登場して、新たな魅力をアピール。

まだ24歳のくみっきーですが、その人生は酸いも甘いも経験しています。そんな彼女だからこそ、これからも頑張って欲しいと思います♪

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス