歴代のiPhoneを同時に水没させ、どの、iPhoneが、長く生き残るか(水に強いか)を検証した…なんとも勿体無い実験動画。これが『意外だった!』『興味深い!』と話題になっていたので紹介したいと思います。

iPhoneの防水性能について、様々な検証実験を行っている“Zach Straley”さんが、YouTubeにアップしたこの動画。

なお、実験に使用するのは、歴代のiPhone。

■iPhone2G
■iPhone3G
■iPhone3GS
■iPhone4
■iPhone4S
■iPhone5
■iPhone5C
■iPhone5
■iPhone5S
■iPhone6
■iPhone6S

この10台でして…

すべてのiPhoneを“ストップウォッチ画面”にして行われた…この実験。一体、どのiPhoneが、最後まで生き残るのでしょうか。

あまりの勿体なさに、思わず『あ~!』と声が出てしまいましたが…

躊躇なく水の中に入れられた歴代iPhoneたち。

するとすぐに異変が訪れます!

浮き上がるボードを、何度か沈める動作を行っていると、その衝撃で本体に水が侵入してしまったのか…

次々に画面がフリーズ。

そして数分後…iPhoneは完全に動かなくなりました。

では、最後まで生き残った“iPhone”は、一体どの機種だったのか。興味深い検証動画…ご覧下さい!

出典 YouTube

これは意外!

水没した直後、どれも怪しい動きはしていたものの、なんと、最後まで時間を刻み続けていたのは…2008年7月11日に発売された、第2世代の『3G』という結果に!また、最新機種『iPhone 6s』は、防水性能が付いているのでは?という噂もありましたが、速やかに機能が停止。(笑)これは予想外だったのではないでしょうか?

意外すぎる結果にたくさんのユーザーが驚いた…今回の検証実験。なお、iPhoneは防水ではありません(A
ppleから正式に“防水”というアナウンスはありません)ので、くれぐれも真似しないようにお願いします。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス