『大好きな娘を、自分の足で送り出してあげたい!』と願う、車椅子の父親が魅せた…感動のサプライズ。これが海外で話題となっていたので紹介したいと思います。

普段、車椅子の生活を余儀なくされている…新婦の父親。家族や親戚も、バージンロードは車椅子で行うものと、誰もがそう思っていました。

しかし父親は、結婚式の日取りが決まったその日。

『一緒にバージンロードを歩こう!』

と決意していたんです。

立つこともままならない父親。しかし、晴れの日に一緒にバージンロードを歩きたい!と願う父親は、その日から結婚式の直前まで、理学療法士の元で、何ヶ月も歩く練習を行い、辛いリハビリに耐えてきました。

そんな父親の…まさかのサプライズに驚く新婦。

涙が止まりません。

娘の手を握り、一歩一歩、バージンロードを歩く父親。

多くの列席者が見守る中、何度も何度も倒れそうになるのですが…

自分の足で娘を送り出したかった父親は、最後まで倒れる事なく…

娘をエスコートします。

そんな姿に、花嫁だけではなく列席者の目にも涙が!

では、花嫁も会場も胸が一杯になった…感動のサプライズ動画。ご覧下さい!

出典 YouTube

これは最高のプレゼント!

バージンロードを歩く“一歩一歩”は、“花嫁が生まれた日”から“今日までの道のり”を表していると言われています。だからこそ、共に歩きたかった父親の熱い気持ち。これは新婦にとって、一生の想い出となったに…違いありませんね。

世界中の人々に感動を与えた…素晴らしきサプライズ動画。以上、『一緒に歩きたい!車椅子の父親がバージンロードで魅せた…感動のサプライズが泣ける!』でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら