毎年盛り上がりを見せる近年の日本のハロウィン。特に渋谷では昨夜の金曜日か、今夜が盛り上がりのピークになるのではないでしょうか。

昨夜の渋谷の様子

しかし、盛り上がりと比例して問題になっているのが、ゴミ問題。

残念なことに、ゴミを散らかしたままにする人が多いようで、朝方渋谷の街は悲惨なことに…。

キンコン西野が渋谷でゴミ拾うってよ!

そんな中、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんが、毎年問題になっている、ハロウィン時期の渋谷の“ごみ問題”を、エンターテインメント化すると公約しました。

ゴミを出す人を仮装した「オバケ」と見立てて、ゴミを「オバケのカス」と呼び、映画『ゴーストバスターズ』のノリでゴミ拾いをするイベントを立ち上げたそうです。

昨年のハロウィンでの渋谷ゴミ問題報道を受け、Twitterで「何が出来ないか」という投げかけを行ったところから企画がスタートしたんだとか。

「ハロウィンで楽しくてゴミが出ちゃうのは仕方がない」と一定の理解を示した上で「ゴミがないと成立しないイベントにしちゃえ」という発想の転換で、社会問題をイベントに変えてしまいました。

これは画期的!且つ楽しそう!

参加予定の人たちの声

当初はキンコン西野さんが、友人数名と行う予定だったんだそうですが、渋谷区の全面協力が決定して、ボランティアスタッフ500名が集めたゴミを、クリエイティブスタッフが“TRASH ART”として再生するようです。

【11月1日】
『渋谷ゴーストバスターズ』
時間:朝6時集合(途中参加OK)
集合場所:ハチ公前

出典 https://twitter.com

途中参加も可能らしいので、明日の朝(早朝ですが…)参加可能な方は是非行ってみては如何でしょうか!?

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス