シングルの方が受給できる手当て金、助成金。

Licensed by gettyimages ®

ご存知ですか。
ひとりでお子さんを育てるのは大変なこと。その中で、今日はシングルマザー、シングルファザーの方が制度として受給できる手当金・助成金についてご紹介します。

最近は、ライフプランも多様化し、シングルで子育てをしている女性も増えています。実際、日本のシングルマザーは、108 万人以上います(2010年度総務省調べ)。離婚が約80%、未婚が12%、死別が7%程度という内訳です。中でも、未婚のシングル・マザーの数が急増しているという特徴が見られます。

出典 http://hoken-kyokasho.com

特に、シングルマザーの半分以上が貧困層と言われています。この比率の高さは世界で見ても高い数字です。最低限の生活を送ることが出来て、お子さんにも教育が受けられるよう、公的補助を正しく利用しましょう。

その1:児童扶養手当。

Licensed by gettyimages ®

児童手当とは、異なる手当です。公的補助は似たような名前の制度が多いので少し分かりづらいですが、1つずつ見てみましょう。

児童扶養手当
父母が離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない一人親家庭などの児童のために、地方自治体から支給される手当です。手当は、基本の額と、所得に応じてそれに対する支給停止額から決定されます。基本の額は、次のようにして定まります。
児童が1人 – 月額41,720円児童が2人 – 月額46,720円児童が3人 – 月額49,720円※以後 – 児童が1人増えるごとに月額3,000円追加

所得額が制限額を超えた場合は児童扶養手当は支給されなくなります。

出典 http://hoken-kyokasho.com

所得制限がありますが、制限にかからない方にとっては、大変有り難い制度でしょう。

その2:児童育成手当。

Licensed by gettyimages ®

こちらも、ひとり親の方が受けられる手当です。

児童育成手当
18歳まで(18歳になった最初の3月31日まで)の児童を扶養するひとり親家庭が対象で、児童1人につき月額13,500円が支給されます。所得制限があります。

出典 http://hoken-kyokasho.com

所得制限の詳細は、各自治体に確認しましょう。

その3:母子家庭・父子家庭の住宅手当。

Licensed by gettyimages ®

こちらは、あまり知られていないようです。お子さんがいらして、賃貸物件に住んでいらっしゃる方は、ぜひ相談をしてみてはいかがでしょうか。

母子家庭・父子家庭の住宅手当
20歳未満の児童を養育している母子(父子)家庭の世帯主で、月額10,000円を超える家賃を払っている方などを対象に助成制度を設けています。各自治体で支給条件が定めらえれていますので、詳細はお住まいの地域の自治体に確認してみてください。

出典 http://hoken-kyokasho.com

毎月少しでも補助があると、有り難いですよね。

その4:ひとり親家庭等医療費助成。

Licensed by gettyimages ®

所得によっては助成を受けられない可能性がありますが、18歳未満のお子様がいる方は、こちらの制度をご確認してみては、いかがでしょうか。

ひとり親家庭等医療費助成
離婚や死別など、何らかの理由で子どもを一人で育てている家庭の医療費を助成してくれる制度です。子どもが18歳になるまで適用され、その間は自己負担額が1割などに減額されます。ただし、所得の多い人は助成を受けられないことがあります。

出典 http://hokensc.jp

特に幼い頃は突然風邪を引いたり、体調を崩しやすくなることも。そんな時は、この制度が利用できると助かりますよね。

その5:児童手当。

Licensed by gettyimages ®

こちらは、母子家庭・父子家庭でなくても支給される助成金です。全家庭を対象としているものですので、もれなく申請をしておきましょう。

児童手当は、母子家庭や父子家庭の子どもに限って支給される助成金ではなく、全家庭を対象とした支援策で国が行っている制度です。
目的は、母子家庭の生活の安定に寄与することと、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することとしています。

出典 http://www.kakei.club

お子さんの成長の為には、安定した収入や補助が必要です。

その他にも、このような公的補助があります。

Licensed by gettyimages ®

代表的なもの、あまり知られていない制度をご紹介しましたが、母子家庭・父子家庭の方に向けての公的補助制度は他にもあります。

1.児童手当
2.児童扶養手当
3.児童育成手当
4.特別児童扶養手当
5.遺族年金
6.母子家庭・父子家庭の住宅手当
7.生活保護
8.ひとり親家族等医療費助成制度
9.乳幼児や義務教育就学児の医療費助成

出典 http://hoken-kyokasho.com

母子家庭、父子家庭手当に該当するものは、遺族年金も含めて上記のものになります。この制度、全てご存知でしたか。

実は、この他にも公的補助制度があります。

税金や公共交通機関の利用にも、公的補助があります。

Licensed by gettyimages ®

お子さんに対する手当の他、日常生活に直結する、保育料や交通機関の割引制度、税金の減免制度など、様々な制度があります。

10.所得税、住民税の減免制度
11.国民年金・国民健康保険の免除
12.交通機関の割引制度
13.粗大ごみ等処理手数料の減免制度
14.上下水道の減免制度
15.非課税貯蓄制度(マル優)
16.保育料の免除と減額

出典 http://hoken-kyokasho.com

すぐにでも利用したい制度が、沢山ありませんか。これらは全て、条件を満たしたひとり親の方が受けられる公的補助制度です。

お子さんの健やかな成長と、安定した生活のために。

Licensed by gettyimages ®

どんなに頑張って働いても充分な収入を得ることが出来ない。頼れる人がいない。そんな方も多いことでしょう。そんな時こそ、公的補助制度が利用できるかどうか、相談をしてみましょう。条件に当てはまる方は、この制度を受ける権利があります。

制度を利用するには様々な条件や申請等の手続きがありますが、利用可能な制度をきちんと申請できているか、確認してみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

Asuka Yamamoto このユーザーの他の記事を見る

ビューティブロガー。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら