秋になると、オレンジ色がなんとも可愛らしい柿。果物屋さんで少し買うぶんには最後まで美味しく食べられるので問題ありません。

しかし、ちょっと買いすぎたり、実家からの荷物に大量に紛れ込んでいるとちょっと大変。柿は気が付くとあっという間に過熟になって、グジュグジュになってしまいます。

そこで、今回は過熟してしまった柿を美味しく簡単に食べられる方法を紹介します。

指数関数的に足が加速する柿

柿はなかなか食べる時期の短い果物です。黄色くなった。と思って油断するとあっという間にドロドロに過熟にして食べられなくなってしまいます。
実家から大量の柿が送り付けられた経験のある人にはあるあるだと思います。

ジュクジュク柿が美味しくなる簡単な食べ方

ドロリくらいの柿なら好みの問題だし、そのまま食べられますが、ドロドロとなると、ちょっと食べられず、ごみ箱行きとなっていしまいます。

そこで今回紹介するオススメの食べ方が、ズバリ、冷凍。

出典けいたろう

そう。とっても簡単。ドロドロになった柿を冷凍庫に入れるだけです。

柿シャーベット

ドロドロになった柿を固くするなら冷凍すれば良いという何とも単純な発想ですが、これが実に簡単、そのうえ美味しい。いちいち中身をくり抜いてなんてやらなくても大丈夫です。軽く水洗いして、念のためラップに包んで冷凍するだけ。

作り方が簡単なら食べ方も簡単。ヘタの部分を包丁でカットするだけ。

出典けいたろう

ヘタの部分をフタのように切り離せば、フタつき容器入りの柿シャーベットの完成です。

出典けいたろう

ベストのタイミングは完全凍結直前!

いたって簡単な柿シャーベット。食べるタイミングだけはちょっとシビア。完全凍結直前がベスト!柿シャーベットは冷凍庫に入れて、7~8時間くらいでカチンコチンの状態になりますが、その1~2時間前、5~6時間くらいの凍る直前が一番美味しくなります。

凍る直前の柿シャーベットはスプーンですくって食べられます。柿はドロドロになると、ちょっと甘すぎますが、冷凍すると糖度を感じづらくなっているので、ほどよい甘み。触感はトロっトロで、上質なスイーツのようです。

出典けいたろう

5~6時間の目安は、朝ごはんの時に冷凍して、おやつにしたり、おやつのタイミングで冷凍して、夕食後のデザートにすると、冷凍直前の最良の状態で食べられます。

つい一番いいタイミングを逃して、冷凍しぎてカッチカチになるとスプーンでは食べられなくなるほど固くなりますが、しばらく自然解凍すれば問題なく食べられます。その時の食感は、ショリショリといった感じで、よりシャーベットっぽくなるので、好みの分かれるところでもあります。

出典けいたろう

季節の感じるシャーベット

今回紹介した柿のシャーベットは、季節の食べ物の魅力をそのまま味わえるということで、高級料亭のようなお店で、提供されることもあるようです。ついつい、食べきれずに捨ててしまうことが多い柿ですが、簡単に再生できるので、ぜひお試しください。

この記事を書いたユーザー

けいたろう このユーザーの他の記事を見る

観光情報サイトの『たびねす』にて旅行ガイド執筆中。
取材で京都・大阪を中心に色んなところに、観光スポットに出入りしてます。
旅行・食べ物以外には、上方落語とプロレス、B級な物事が大好物です。
一児のパパだったりもします。
ぜひ旅行ガイドを読みに遊びに来てください。
たびねす
http://guide.travel.co.jp/navigtr/280

権利侵害申告はこちら