記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
普段何気なく処方され内服する抗生物質。なかには風邪を引いて病院を受診し、抗生物質をたくさん貰ったなんていう人も多いのではないでしょうか?

私達が抗生物質と呼ぶのは主に細菌に対して効果がある薬剤、抗菌薬のことです。逆をいえばカビなどの真菌、インフルエンザウイルスなどのウイルスには勿論一切効果がありません。抗菌薬はこれまで感染症で命を落としていた多くの人々を救ってきましたが、逆に副作用で害を与えることも少なくないのです。

その代表的な例が「抗生物質の服用により、カンジダ膣炎に罹患する」という現象です。

抗菌薬は体の中の良い菌まで殺してしまう!

抗菌薬は細菌を叩きますが、元々体内に存在する常在菌まで見境なく殺してしまいます。常在菌が縄張りを作ることで体外からやってくる細菌や真菌などのよそ者を排除していたはずが、常在菌までいなくなりよそ者が入り込み悪さをする。これがいわゆる「菌交代現象」とよばれる状態です。

膣内には常在菌が多数存在しますが、抗菌薬の内服で少なくなってしまいます。その代わりにこれまた常在菌であり今までひっそり暮らしていたはずのカンジダが勢いを付けてしまい縄張りを奪ってしまうのが原因です。こうなってしまったら抗菌薬を使用中止の上、カンジダに効果のある抗真菌薬(膣錠)で治療することになります。

≪生理痛がひどくなるのは生活習慣が原因かも…≫
1分で簡単チェック【生理痛になりやすい生活習慣】を診断してみる

抗菌薬は必要なとき以外使用しないのが鉄則!

他にも腸の中で菌交代現象が起こると大変な状態になります。強い抗菌薬を使用した症例で高熱や下痢が始まると我々は真っ先にこれを疑い抗菌薬の使用中止や便検査を行います。悪化してしまうと命の危険さえもあるからです。

もちろんその人にとって、抗菌薬が必要なら使用しますが、不要な場合に「念のため」と軽い気持ちで使うと手痛いしっぺ返しが待っています。「必要なときに適正な量を適正な期間」使用するのが大原則といえます。控えめな量を使っても効果が無いばかりか耐性菌の発生を促すことにもなりかねません。

中途半端に使っても菌が叩ききれずに遷延してしまい、長く使いすぎると前述の菌交代現象が発生するなど、抗菌薬の使用は簡単なようで奥が深く難しいものなのです。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス